F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
3 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
17 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
24 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
31 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
45 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
52 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
73 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
101 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
108 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
122 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
136 days

F1の次なる課題は次世代PUの”カタチ”。ルノー代表「そこが次の戦場になる」

シェア
コメント
F1の次なる課題は次世代PUの”カタチ”。ルノー代表「そこが次の戦場になる」
執筆:
2020/06/16 3:42

ルノーF1チームのシリル・アビテブール代表は、今後数年に渡って議論される次世代パワーユニット規則が、チームにとって”次の戦場”になると語った。

 F1の現行パワーユニットであるV6ターボエンジンとハイブリッドシステムの組み合わせは、2025年まで使用されることが決まっている。一方で、2026年から導入される次世代パワートレインは、持続可能性が高く、より手頃なフォーマットが採用されるべきだと考えられている。

 F1の競技面を統括するマネージングディレクターであるロス・ブラウンは、2026年のレギュレーションではまだあらゆる選択肢の採用が可能であり、それまでは新たなメーカーが参入してくることはないだろうと認めた。

Read Also:

 ルノーF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、現行パワーユニットに関する開発凍結などのルール調整はコスト削減という点で良い一歩だったと語り、2026年のレギュレーションはさらにその先に進むべきだと主張した。

「おそらく、パワーユニットの面でやるべきことがもっとあるだろう」と、アビテブールはmotorsport.comに語った。

「1年あたり新たに取得できるホモロゲーションの数を制限し、さらにベンチテストの時間を制限することにより、我々はパワーユニットの開発競争を少し抑えることができた」

「それは良いことだが、それでもなおこれらのエンジンを維持し、運用するのは非常にコストがかかるんだ」

「次のステップは、次世代のパワーユニットがより経済的なものになるよう、何ができるかを検討することだ」

 アビテブールは、ルノーは将来のレギュレーションに向けて可能性のあるフォーマットを研究していると明かした。

「我々は、少なくともスポーツの目的という観点から、何を望んでいるのかを考え始めている。現在最も重要なのは、次のパワーユニット開発プログラムの経済的持続可能性だ。なぜなら、明らかに今のパワーユニットはその点で非常に難しいからだ」

「次に考える必要があるのは、関連するテクノロジーだ。世界中で電化の進むペースを考え、それがF1にとって何を意味するか、フォーミュラEとの共存に関してどんな意味を持つか、慎重に考える必要がある」

「それについて考える必要がある。私見だが、それが”次の戦場”になるからね」

「私は、2021年または2022年にレギュレーションの大枠に関して合意し、2023年に開発を開始できるようにしたいと考えている。それは、私たちが想定しているひとつの計画だ」

 アビテブールは、現行のV6ハイブリッドからMGU-Hを削除することが簡単な解決策になるわけではないと話した。MGU-Hは複雑かつ、開発に多大な投資が必要であり、F1に新たなメーカーを迎え入れる上で大きな障害になっていると考えられている。実際、MGU-Hの廃止は2021年に導入されるレギュレーション(新型コロナウイルスの影響で2022年に導入延期)でも検討されていた。

「MGU-Hはエンジンの燃費を上げている。燃費の20~30%ほどを失うと用意はあるのか?」

「2022年にはマシンがさらに重くなることはすでに分かっているので、より多くの燃料を運ぶことは考えないだろう。もしMGU-Hを取り外すとしたら、同じ量のエネルギーを得るためにはさらに50kgの燃料を積むことになる」

「これは非常に困難な方程式だ。マシンが軽量化されない可能性があるため、同じレベルの持続可能なパワーを得ようとするなら、そのデバイスを取り外すのは難しいだろう」

「確かにパワーを増やすこともできるが、持続可能な形でパワーを得たいのであれば、そのコンポーネントをなくすことは不可能だ」

Read Also:

次の記事
ラップタイム1分切り?? バーレーン”半オーバル”をシミュレータで走ってみた!

前の記事

ラップタイム1分切り?? バーレーン”半オーバル”をシミュレータで走ってみた!

次の記事

また盛大に祝える日を願って……“ウィズコロナ”のF1で失われる感動的な光景

また盛大に祝える日を願って……“ウィズコロナ”のF1で失われる感動的な光景
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper