ペレス、レッドブルRB16B”独自のセットアップ”の方向性を模索中「徐々に答えが見つかり始めている」

レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、今季のマシンRB16Bを乗りこなすために、チームメイトのマックス・フェルスタッペンとは異なるセットアップを試しているという。

ペレス、レッドブルRB16B”独自のセットアップ”の方向性を模索中「徐々に答えが見つかり始めている」

 レッドブルのセルジオ・ペレスは、今季のマシンRB16Bを乗りこなすべく、自分なりのセットアップを追求し初めているという。

 今季からレッドブルに加入したペレスは、これまでも複数のドライバーが悩まされてきたレッドブルのマシンに適応することに苦労し、シーズン序盤はチームメイトのマックス・フェルスタッペンに大きな差をつけられてきた。

 しかし、アゼルバイジャンGPではチーム加入後初優勝を手にすると、続くフランスGPでも3位と2戦連続で表彰台を獲得。オーストリアGPではレース序盤にコースオフしたことで厳しい戦いを強いられたが、安定して速いペースを発揮できるようになった。

 ただペレス曰く、マシンのセットアップについて、フェルスタッペンとは異なる方向性を採るようにしたという。これも、パフォーマンス向上の一因になっているかもしれない。

「この週末(オーストリアGP)のマシンのセットアップについては、大きく異なるアプローチを採り、それを模索してきた」

 ペレスはそう語った。

「僕らはマシンについて色々と探ってきた。そして僕らが手にしている参考となるデータから、マシンのことをより良く理解できるようになった。だから、最終的には適切な調整を行ない、予選よりもレースに優れたマシンを手にしていると思う」

 しかしペレスは、まだその異なるセットアップが完全に成功したわけではないとも語る。

「今回は途中で終わってしまった。僕らはそれぞれ、とても異なるセットアップをしていた。そしてそこから戻ってくるような形になった。だから、途中だと言っておこう」

「僕は自分の道、自分の方向性を徐々に見つけ始めている。そして同じスペックのマシンがない時もある。そういう場合には、セットアップを比較するのは実に難しい。だから、独自のルートを使うことが重要なんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
ミック・シューマッハー、パルクフェルメでの“観察”は父譲り?「とても興味深いから続けていくつもり」

前の記事

ミック・シューマッハー、パルクフェルメでの“観察”は父譲り?「とても興味深いから続けていくつもり」

次の記事

シューマッハーのマシンよりも”4kg”重い? マゼピン「走る前に飲む水を減らすことだってあるのに……」

シューマッハーのマシンよりも”4kg”重い? マゼピン「走る前に飲む水を減らすことだってあるのに……」
コメントを読み込む