「特別なことだ」ベッテル、ハミルトン7度目タイトルを“歴史が作られた瞬間”と称賛

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1で7度目のタイトルを獲得したルイス・ハミルトンに対し、“歴史が作られた瞬間”を目撃したことは特別なことだとその偉業を祝福していたことを明かした。

「特別なことだ」ベッテル、ハミルトン7度目タイトルを“歴史が作られた瞬間”と称賛

 イスタンブール・パーク・サーキットで行なわれたF1トルコGPは、メルセデスのルイス・ハミルトンが独走で優勝。この結果をもって、彼は自身7度目のF1チャンピオン獲得を決定させた。

 ハミルトンの達成した7度目のドライバーズタイトル……これはミハエル・シューマッハーの持つF1チャンピオン歴代最多記録に並ぶモノだ。

Read Also:

 レースを終えたハミルトンはしばらくクルマから降りる素振りを見せず、感極まった様子だった。

 そのハミルトンに対しては、これまで何度もタイトル争いを演じてきたライバルでもあるセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が、タイトル獲得の祝福に訪れていた。

 彼らの会話は国際映像では放送されていなかったが、ベッテルは後に当時何とハミルトンの7度目タイトルを祝ったかを明かした。

「僕は彼に、今日歴史が作られたことを目撃できるのは、僕らにとって特別なことだと、そう伝えた」

 ベッテルはそう語る。

「僕は、間違いなく彼が僕らの時代における最も偉大なドライバーだと思う。(他の世代と)比べるのは難しいことだ……(ファン・マヌエル)ファンジオやスターリング・モスと僕らの世代をどう比べられるんだ? それはできないことだ」

「もしかすると僕らが彼らのクルマに乗っていたなら、“下手くそ”だったのかもしれない。もしかしたら彼らが僕たちのクルマに乗ったら、速すぎて“下手くそ”だったのかもしれない。それが誰に分かるだろう?」

「だけど、それは重要なことじゃない。僕はどの時代にもそうしたドライバーがいて、間違いなくルイスは僕らの時代において最も偉大なドライバーなんだ」

 ベッテルは繰り返し彼にとって最も偉大なドライバーは、ミハエル・シューマッハーだと語ってきた。しかしそれでもハミルトンが偉大なドライバーであることは間違いないと、ベッテルは語った。

「僕にとって、感情の面ではミハエルが常に最も偉大なドライバーだ。だけどルイスが、彼が成し遂げたことという点では偉大なドライバーであるということは間違いない」

「彼はタイトル獲得回数で並び、(ミハエル・シューマッハー以上に)勝利し、そしてよりポールポジションを獲得してきた。だから彼は求められること全てを達成してきたと思う」

「今日がそのベストな証拠になったと思う。今日はトラック上にとどまることも難しく、長い2時間のレースだったんだ。正直に言うと、多分これは彼の勝つレースではなかったと思う。だけど彼は勝ったんだ」

「だから繰り返しになるけど、彼はまた特別なモノを引き出したと思うし、だからこと彼は達成してきたことの全てに値すると思うんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント

関連動画

あと1周あったら、タイヤが”爆発”していたかも……ペレス、ギリギリまで攻めた2位
前の記事

あと1周あったら、タイヤが”爆発”していたかも……ペレス、ギリギリまで攻めた2位

次の記事

F1初テストは”いつも通り”。角田裕毅インタビュー番組がDAZNで配信中

F1初テストは”いつも通り”。角田裕毅インタビュー番組がDAZNで配信中
コメントを読み込む