ハジャーが見事なオーバーテイクで優勝、日系アメリカ人のウシジマが初表彰台|F3第4戦シルバーストン

F3第4戦シルバーストンのレース1は、アイザック・ハジャー(ハイテック)が制した。

ハジャーが見事なオーバーテイクで優勝、日系アメリカ人のウシジマが初表彰台|F3第4戦シルバーストン
Listen to this article

 FIA F3選手権第4戦のレース1がシルバーストン・サーキットで行なわれ、アイザック・ハジャー(ハイテック)が優勝した。

 曇り空ながらも、コンディションはドライ。気温16度、路面温度は21度だ。

 レース1は予選上位12台がリバースグリッドに並ぶため、ポールポジションは予選12番手だった日系アメリカ人のリース・ウシジマ(VAR)。ヴィクトー・マルタンス(ARTグランプリ)がその横、2番手に並んだ。

 フォーメーションラップでは、トラブルからかブラッド・ベナビデス(カーリン)がスロー走行。グリッドにつくまでに時間がかかったことから、スタート手順が中断されエクストラ・フォーメーションラップが行なわれた。

 これにより、レースは1周減算され17周で争われることになった。スタートでは、マルタンスが好ダッシュ。ホールショットを奪った。

 ウシジマはマルタンスのDRS圏内に食い下がり、チャンスを伺った。激しくバトルするこの2台に追いついてきたのがハジャー。4番手スタートから5周目に3番手に浮上すると、バトルでペースが落ちたトップ2との距離を縮めていった。

 残り10周となるころには、ハジャーはウシジマを完全にロックオン。高速コーナーでサイド・バイ・サイドのバトルを演じたハジャーは、8周目のハンガーストレートでウシジマをオーバーテイクし、2番手に浮上した。

 その間に、首位のマルタンスは1.7秒までリードを拡大。ハジャーは少しずつそのギャップを削っていった。

 すると10周目、後方の車両がクラッシュしセーフティカー(SC)が出動。13周目にレース再開となると、ハジャーがマルタンスに襲いかかった。

 ハジャーは何度もマルタンスの横にマシンを並べるものの、マルタンスは懸命にディフェンス。しかし16周目についにハジャーにオーバーテイクを許した。

 抜かれたマルタンスの背後にはウシジマが迫ったものの、DRSが使えたこともあってマルタンスはポジションをキープすることができた。

 トップチェッカーは3台抜きを見せたハジャー。2位はSCが不利に働いたマルタンス。ウシジマはポールポジションから3位。F3初表彰台獲得となった。

 
Read Also:
順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 Isack Hadjar United Kingdom ハイテック 17 -       10
2 France Victor Martins France ARTグランプリ 17 0.7 0.700 0.700   9
3 Reece Ushijima Netherlands ヴァン・アーマーズフット・レーシング 17 1.3 1.300 0.600   8

シェア
コメント
ヴィクトー・マルタンス、スタート直後の大外刈りで”一本勝ち”!|F3第3戦バルセロナレース2
前の記事

ヴィクトー・マルタンス、スタート直後の大外刈りで”一本勝ち”!|F3第3戦バルセロナレース2

次の記事

アーサー・ルクレールが接戦のレース2を制し今季初優勝! 兄シャルルも祝福|F3第4戦シルバーストン

アーサー・ルクレールが接戦のレース2を制し今季初優勝! 兄シャルルも祝福|F3第4戦シルバーストン