F3ソチ予選:ノバラク最速タイムも抹消、逆転チャンピオン目指すドゥーハンPP。岩佐歩夢は18番手

F3最終戦の予選がソチ・オートドロームで行なわれ、トライデントのジャック・ドゥーハンがトップタイムをマークした。

F3ソチ予選:ノバラク最速タイムも抹消、逆転チャンピオン目指すドゥーハンPP。岩佐歩夢は18番手

 FIA F3選手権最終戦(第7戦)の予選が、ロシアのソチ・オートドロームで行なわれ、トライデントのジャック・ドゥーハンが最速タイムをマークした。

 当初はアメリカのオースティンで行なわれる予定だったF3の最終戦。F1カレンダーの変更と、ロジスティクス費用の兼ね合いから、ソチでの開催に変更された。

 ランキング2番手のドゥーハンは、ポイントリーダーのデニス・ハウガー(プレマ)とは45ポイント差でこの最終ラウンドを迎えた。ポールポジションやファステストラップのボーナスポイントも含め、3レースで構成される1ラウンドで最大65ポイントを稼ぐことができるとはいえ、逆転に向けたハードルはかなり高く、ポールポジション獲得で得られる4ポイントが重要となった。

 途中クラッシュによる赤旗も出された30分間の予選、最初のアタックから速さを見せ暫定トップに立ったドゥーハンに対し、ハウガーはトップ10圏内に食い込めていなかった。

 しかし、ラストアタックでドゥーハンのチームメイトであるクレメント・ノバラクがタイムアップし、ドゥーハンは2番手一方のハウガーは何とかタイムアップに成功し、9番手で予選を終えた。

 ポールポジションを逃したかと思われたドゥーハンだったが、ノバラクのタイムはトラックリミット違反で抹消となり、ドゥーハンが予選最速、ノバラクが2番手に。ドゥーハンはチャンピオン争いに重要な、4ポイントを手にした。

 なお、レース1は予選上位12台がリバースグリッドに並ぶため、12番手だったヴィクトー・マルタンス(MPモータースポーツ)がポールポジションとなる。ドゥーハンはタイトル獲得の望みをつなぐためにも、12番グリッドからなんとか上位に食い込まなくてはならない。

 岩佐歩夢(ハイテック)は18番手と沈み、後方から追い上げることとなった。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 Australia ジャック ドゥーハン Italy トライデント 12 1'54.514     183.844
2 United Kingdom クレメント ノバラク Italy トライデント 12 1'54.648 0.134 0.134 183.629
3 United Kingdom Johnathan Hoggard Switzerland イェンツァー 11 1'54.687 0.173 0.039 183.567

シェア
コメント
F3ザントフールト:レース3はランキング首位のハウガーが完勝。岩佐は序盤でつまずき11位フィニッシュ
前の記事

F3ザントフールト:レース3はランキング首位のハウガーが完勝。岩佐は序盤でつまずき11位フィニッシュ

次の記事

土曜日に雨予報のF1ロシアGP。サポートレースのF3レース1を金曜日に前倒しで実施

土曜日に雨予報のF1ロシアGP。サポートレースのF3レース1を金曜日に前倒しで実施
コメントを読み込む