エバンスがパーフェクトな戦いで優勝。バンドーン、タイトル決定ならず|FE第15戦ソウルePrix決勝

フォーミュラE第15戦ソウルePrixの決勝レースが行なわれた。優勝はミッチ・エバンス(ジャガー)だった。

エバンスがパーフェクトな戦いで優勝。バンドーン、タイトル決定ならず|FE第15戦ソウルePrix決勝
Listen to this article

 フォーミュラEの第15戦ソウルePrixの決勝レースが行なわれた。優勝はジャガーのミッチ・エバンスだった。

 予選でポールポジションを獲得したのは雨の難しいコンディションで抜群の速さを発揮したオリバー・ローランド(マヒンドラ)。2番手にはルーカス・ディ・グラッシ(ヴェンチュリ)、3番手にはエバンスが続いた。ポイントランキング首位のストフェル・バンドーン(メルセデス)は7番グリッドスタートだ。

 決勝レース開始時刻には雨は降り止んでいたが、路面はウエットコンディションであり、レース自体もウエット宣言がされてスタートを迎えた。

 45分+1周の決勝レースがスタートすると、3番手スタートのエバンスが非常に良い加速を見せ、前ふたりを追い抜いて先頭に浮上した。オープニングラップはそこにローランド、ディ・グラッシ、ジェイク・デニス(アンドレッティ)、エドアルド・モルタラ(ベンチュリ)、ジャン-エリック・ベルニュ(DSテチータ)と上位陣が順当に並んだ。

 ただその後方では8台が絡む多重クラッシュが発生し、レースはいきなり赤旗中断となった。

 ターン21で発生したマルチクラッシュは多くが単独でウォールにぶつかる形。中には既にバリアに衝突しているマシンに潜り込むような形となり、2台が重なり合うようになったモノもあった。セバスチャン・ブエミ(日産・e.dams)のマシンの下に突っ込んだニック・デ・フリーズ(メルセデス)はその状態でしばらく救助を待つことになったが、怪我などはない様子だった。

Read Also:

 約40分ほどの赤旗中断を挟んでセーフティカースタートでレースは再開。なおこの頃には一部で青空も広がりだしており、すでにドライパッチも出始めていることから、レース後半にかけてさらに路面が乾いていくことが予想された。

 リスタートは混乱もなく穏やかに始まり、各ドライバーは数珠つなぎの状態でレースをスタートさせた。

 上位のオーダーはエバンス、ローランド、ディ・グラッシがトップ3。それをデニス、モルタラ、ベルニュが追う形だ。 

 10分がすぎるとドライバーは徐々にアタックモードを起動させていく。2番手のローランドがエバンスよりも先に起動するも、エバンスを詰め切る事ができず翌周にはエバンスもアタックモードを起動。ディ・グラッシも含め戦いは拮抗したままとなった。

 トップを走るエバンスは残り21分を前に2回目のアタックモードを起動。しかし2番手以下との差を大きく広げていくというよりも、マネジメントを意識した走りが続いた。

 なお、エバンスとタイトルを争うバンドーンは徐々にポジションを上げており、このとき5番手にまで浮上していた。

 残り12分を切った頃、モルタラの右リヤタイヤにトラブルが発生。マシンをコース脇に止めることになり、その後リタイアとなった。

 エバンスはコーナーをワイドに進んだことでタイムロスを喫する場面もあったが、それでも2番手以下に1.5秒ほどのギャップをキープし、レースは終盤残り5分へ入った。

 残り2分、アレクサンダー・シムス(マヒンドラ)がターン10でクラッシュしたことでフルコースイエローが発令。その後SCが出動することになった。

 45秒間のアディショナルタイムもSCランで消化し、レースは最後の1周に。SCが解除されることはなく、そのままSCランでフィニッシュとなり、エバンスがトップチェッカーを受けた。2位はローランド、3位はディ・グラッシだ。完走は13台と、かなりのサバイバルレースとなった。

 なおポイントリーダーのバンドーンは5位でフィニッシュ。ランキング2番手のエバンスが優勝し、その差が21ポイントに縮まったため、チャンピオン決定はソウルでの連戦となる最終戦に持ち越されることとなった。

 
Read Also:

シェア
コメント
【動画】路面が濡れててみんな止まれない! フォーミュラE最終ラウンドで8台絡む多重クラッシュ発生
前の記事

【動画】路面が濡れててみんな止まれない! フォーミュラE最終ラウンドで8台絡む多重クラッシュ発生

次の記事

マシンが乗っても大丈夫! デ・フリーズ、ヘイローの存在に感謝「あれがなかったらペシャンコだった」

マシンが乗っても大丈夫! デ・フリーズ、ヘイローの存在に感謝「あれがなかったらペシャンコだった」