トップイベント

日本モータースポーツ記者会が選ぶ2020年『JMSアワード』は角田裕毅に

日本モータースポーツ記者会は、2020年の『JMSアワード』に角田裕毅を選出した。

日本モータースポーツ記者会が選ぶ2020年『JMSアワード』は角田裕毅に

 日本モータースポーツ記者会(JMS、会長:高橋二朗)は2月3日、2020年の『JMSアワード』及び『特別賞』を発表。JMSアワードには角田裕毅、『特別賞』には小林可夢偉と佐藤琢磨が選出された。

 JMSは毎年、将来が期待されるドライバーにJMSアワードを、そして顕著な功績があった個人、団体に特別賞を授与している。JMSは2021年1月のJMS総会によって2020年のJMSアワードと及び特別賞を決定し、前述の3名が受賞する運びとなった。

Read Also:

 角田は2020年にFIA F2へ参戦し、ルーキー最上位となるランキング3位を獲得。F1昇格に必要となるスーパーライセンスの発給条件を満たし、2021年のアルファタウリのF1シートを手中に収めた。

 そんな角田は受賞に際して次のようにコメントを寄せた。

「2018年のJMSモータースポーツナイトにて期待の若手ドライバーとしてご紹介いただいたのに続き、今回は栄誉あるJMSアワードをいただくことになりましてありがとうございます」

「2016年に日本で四輪レースにデビューしてから昨年までの積み重ねで今シーズンはスクーデリア・アルファタウリからF1にフル参戦することになりましたが、これもみなさまが応援してくださったおかげでもあります。日本におけるモータースポーツの人気・知名度をより高めるためにもプレシーズンテストから頑張っていきますので、引き続きご注目お願いします」

 そして特別賞を受賞したのが小林。彼はフォーミュラルノーでチャンピオンを獲得した2005年、そしてF1に参戦した2009年、2010年にJMSアワードを受賞している。2020年は悲願のル・マン24時間初制覇とはならなかったが、FIA世界耐久選手権(WEC)のシリーズチャンピオンに輝いた。小林がプレスリリースに寄せたコメントは以下の通りだ。

「このたびは特別賞をありがとうございます。昨シーズンは長いシーズンとなりましたが、チーム、パートナー、応援してくださったファンのみなさまのおかげで世界チャンピオンを獲ることができました。これからも世界のレースにチャレンジして、ファンのみなさまや日本の若いドライバーたちに、希望や勇気を与えられるように頑張ります。引き続き応援よろしくお願いいたします」

 そして小林と共に特別賞を受賞したのが佐藤だ。2017年に続きインディ500で2勝目を挙げた功績が評価されての受賞となった。佐藤はイギリスF3時代の2001年にJMSアワード、インディカー初優勝の2013年に特別賞、インディ500初制覇の2017年に栄誉賞を授与されている。彼は次のようにコメントした。

「このたびはJMSアワード特別賞受賞という栄誉ある賞をいただき、誠にありがとうございます。昨年は、インディ500での2度目の勝利をつかむことができ、応援してくださったすべての方々に、改めて心から感謝申し上げます。ディフェンディングチャンピオンとして再び挑むことができる今年のインディ500、連覇を最大の目標として、チーム一丸となって頑張ります。モータースポーツ記者会のみなさんにも協力していただきながら、日本を盛り上げていきたいです」

 

Read Also:

シェア
コメント
フェラーリ育成に初の女性ドライバーが加入! 16歳のマヤ・ウィーグが1年契約

前の記事

フェラーリ育成に初の女性ドライバーが加入! 16歳のマヤ・ウィーグが1年契約

次の記事

日本レース写真家協会が50周年写真展を開催。2月9日〜3月17日まで

日本レース写真家協会が50周年写真展を開催。2月9日〜3月17日まで
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General