日本自動車工業会、『東京モーターショー2021』開催中止を発表。豊田会長「未来のモビリティ展をリアルで見てもらいたい」

日本自動車工業会は4月22日、オンライン記者会見を実施。新型コロナウイルスの影響で、「東京モーターショー2021」の開催を中止すると発表した。

日本自動車工業会、『東京モーターショー2021』開催中止を発表。豊田会長「未来のモビリティ展をリアルで見てもらいたい」

 日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は4月22日のオンライン記者会見で、新型コロナウイルスの感染再拡大を考慮し、今秋に予定されていた『東京モーターショー2021』の開催を中止すると発表した。

 1954年4月に第1回(第10回までは『全日本自動車ショウ』)が開催され、第21回以降は2年に一度開催されてきた東京モーターショー。半世紀以上にも及ぶ歴史の中で、初めて開催が中止されることになった。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、今も世界中が揺れている中、日本自動車工業会はどのように大規模イベントを開催するか検討を重ねてきたという。

 オンライン開催という選択肢もある中、豊田会長は「多くのお客様に安全・安心な環境でモビリティの魅力を体験いただけるメインプログラムのご提供が難しいと判断し、開催中止を決定いたしました」と説明した。

「世界各国のモーターショーが来場者の増加に苦労している中、前回の東京モーターショーは他の産業の方々とも協力をし、未来のモビリティ展という形でモビリティの楽しさを体感できるプログラムを数多く用意し、130万人を超えるお客様にご来場いただくという、他とは違った結果が出たと思います」

「二輪、軽自動車、乗用車、大型車、そして他のモビリディ・産業も含めて日本には色々な会社がございます。ぜひ『リアル』で見てもらいたい、ということにこだわりたいので、今回(オンラインでの開催や延期ではなく)中止という決定をしました」

「次回はさらに進化した東京モビリティショーとしてお届けしたいと思っておりますので、今後ともご支援よろしくお願いいたします」

Read Also:

シェア
コメント
”画期的”な電動GTシリーズ誕生へ! 市販EVと直結した新カテゴリーの技術詳細をFIAが発表
前の記事

”画期的”な電動GTシリーズ誕生へ! 市販EVと直結した新カテゴリーの技術詳細をFIAが発表

次の記事

InsideEVs、9月20~21日にオンラインで『Electric Days Digital 2021』を開催

InsideEVs、9月20~21日にオンラインで『Electric Days Digital 2021』を開催
コメントを読み込む