IndyCar Indy 500

マーカス・エリクソン、インディ500初制覇「信じられない。僕はとっても幸せ者」

2022年のインディ500が行なわれ、マーカス・エリクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)が優勝。「信じられない勝利だ」と語った。

Race winner Marcus Ericsson, Chip Ganassi Racing Honda, podium, Victory Lane, Borg-Warner Trophy, BorgWarner CEO Frédéric Lissalde

 2022年のインディ500を勝ったのは、チップ・ガナッシのマーカス・エリクソンだった。

 エリクソンは5番グリッドからスタート。そしてレース最終盤、アロー・マクラーレンSPのパトリシオ・オワードを抜いて先頭に立つと、3秒ものリードを構築した。残り6周で赤旗中断となったが、レース再開後の2周を逃げると、最終的にはセージ・カラム(ドレイヤー・レインボールド)がクラッシュしたことでコーションのままチェッカーとなり、エリクソンがインディ500初制覇を成し遂げた。

「信じられないよ。僕はとっても幸せだ」

 レース後にそう語ったエリクソンは、残り6周でイエローコーションとなった時のことを次のように語る。

「信じられなかったよ。安心することなんてできないと感じたんだ。明らかにあと2周残っていたしね。でも、もうコーションが出ないように懸命に祈っていたんだ」

「集中するのは大変だったけど、マシンが素晴らしいのは分かっていた。僕のマシンのクルーと、チップ・ガナッシ・レーシングはとても良い仕事をしてくれたから、僕のマシンが十分に速いことは分かっていた」

「でも、大変だったね。後続のマシンを抑えるために、全てのことをやらなければいけなかった……」

 エリクソンは2009年に全日本F3に参戦しシリーズチャンピオンを獲得し、2010〜2013年はGP2に挑戦。2014年にはケータハムからF1デビューを果たした。ケータハムでのチームメイトは、小林可夢偉であった。その後ザウバーに移籍して、4年間F1で戦った。最高位は2015年オーストラリアGPの8位である。

 2019年からインディカー・シリーズに挑戦。チップ・ガナッシでの2年目となる2021年には2勝を挙げ、ランキング5位となった。

 インディ500は今回が4度目の挑戦で初優勝。それまでの同レースの最高位は11位(2021年)だった。

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 マーカス・エリクソン、終盤の驚速でインディ500初制覇! 佐藤琢磨、逆転狙うも実らず25位
次の記事 佐藤琢磨、インディ500”3勝目”ならず「スピードはあったけど、少し幸運が足りなかった」

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本