マクログリンがパロウを下し今季2勝目。佐藤琢磨は14位|インディカー第9戦ミッドオハイオ

インディカー第9戦ミッドオハイオは、スコット・マクログリン(チーム・ペンスキー)が今季2勝目を挙げた。

マクログリンがパロウを下し今季2勝目。佐藤琢磨は14位|インディカー第9戦ミッドオハイオ
Listen to this article

 インディカー第9戦の決勝レースが、ミッドオハイオ・スポーツカー・コースで行なわれ、スコット・マクログリン(チーム・ペンスキー)が優勝した。

 ポールポジションを獲得したのは、パトリシオ・オワード(アロー・マクラーレンSP)だったが、燃料系のトラブルでペースが落ち、ピットでレースを終えることに。なお、マクラーレンはフェリックス・ローゼンクヴィストもエンジントラブルに見舞われ、早々にレースを終えている。

 予選2番手だったマクログリンは、レースの大半でアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)と接近戦を演じたが、パロウにチャンスを与えることなく80周のレースをトップで終えた。

 開幕戦ウイナーのマクログリンは、第2戦テキサスのファイナルラップでチームメイトのジョセフ・ニューガーデンに交わされ2位となったが、それ以来の好リザルトとなった。

 3位となったのは、ウィル・パワー(ペンスキー)。予選では走路妨害があったとしてペナルティを受け、21番手からのスタートだった上、スタート直後にコースオフを喫してしまった。しかし、そこから猛烈な追い上げを開始。トップグループとピット作業のタイミングをずらす戦略も功を奏して、見事なリカバリーを見せた。

 佐藤琢磨(デイル・コイン・レーシング with RWR)は予選19番手。スタート直後にポジションを上げたが、コースオフを喫し後退。終盤に追い上げたものの、14位でのフィニッシュとなった。

「ミッドオハイオは悔しいレースとなりました」と、佐藤はコメントした。

「スタートではレッドタイヤを利用していくつかポジションを上げました。リスタートもうまくいき、トップ10圏内に近づいていきます」

「ところが、真ん中のスティント中に走行ラインが少しアウトに膨らみ、集団の後方に後退してしまいました。今日、51号車のメカニックたちはいい働きをしてくれたと思います。もう少し上の順位でフィニッシュできなかったのは残念でしたが、ミッドオハイオのレースで僕たちはたくさんのことを学びました」

「次のトロントは、実に3年振りの開催なので、とても楽しみです。引き続きプッシュしていい成績を収めたいと思っています」

 
Read Also:
順位 ドライバー チーム 周回数 タイム Mph ピット リタイア原因
1 New Zealand スコット マクログリン United States Team Penske 80 1:46'43.3290   101.557 2  
2 Spain アレックス パロウ United States Chip Ganassi Racing 80 1:46'43.8802 0.5512 101.548 2  
3 Australia ウィル パワー United States Team Penske 80 1:46'47.1705 3.8415 101.496 3  
4 Netherlands リナス ヴィーケイ United States Ed Carpenter Racing 80 1:46'54.7032 11.3742 101.377 2  
5 New Zealand スコット ディクソン United States Chip Ganassi Racing 80 1:46'55.6484 12.3194 101.362 2  
6 Sweden マーカス エリクソン United States Chip Ganassi Racing 80 1:46'56.3990 13.0700 101.350 2  
7 United States ジョセフ ニューガーデン United States Team Penske 80 1:46'57.1007 13.7717 101.339 2  
8 Brazil エリオ カストロネベス United States メイヤー・シャンク・レーシング 80 1:47'00.1880 16.8590 101.290 2  
9 United States デイビッド マルーカス Dale Coyne Racing with HMD 80 1:47'02.4248 19.0958 101.255 2  
10 France シモン パジェノー United States メイヤー・シャンク・レーシング 80 1:47'09.5204 26.1914 101.143 2  

 

シェア
コメント
かつてF1にもスポンサードのROKiT、支払い巡りインディカーでトラブルか? カルデロンの継続参戦は「保証されていない」
前の記事

かつてF1にもスポンサードのROKiT、支払い巡りインディカーでトラブルか? カルデロンの継続参戦は「保証されていない」

次の記事

マクラーレン、コルトン・ハータのF1テストを7月中旬に実施へ。フリー走行起用への布石……それとも正ドライバー?

マクラーレン、コルトン・ハータのF1テストを7月中旬に実施へ。フリー走行起用への布石……それとも正ドライバー?