2021年の鈴鹿8耐開催日程は7月15〜18日。今年はコロナ影響で開催中止に

鈴鹿8時間耐久ロードレース組織委員会は、2021年の鈴鹿8耐の開催概要を発表。7月15〜18日にかけて開催予定と明かされた。

2021年の鈴鹿8耐開催日程は7月15〜18日。今年はコロナ影響で開催中止に

 FIM世界耐久選手権のシリーズ戦であり、バイクファンにとって夏の風物詩でもある鈴鹿8時間耐久ロードレース。2020年の開催は新型コロナウイルスの影響で断念されてしまったが、11月1日に2021年開催概要が組織委員会から発表された。

 なお11月1日は本来ならば、今年の鈴鹿8耐の決勝レースが行なわれる予定だった日付だ。

 組織委員会によって発表された2021年の開催概要によると、来年の鈴鹿8耐は7月15日〜18日にかけて開催。併催として鈴鹿4時間耐久ロードレースも予定されている。

 あわせて合同テストの日程も公表。第1回は6月29日〜7月1日。第2回が7月14日〜7月15日となっている。

 また出場チームの選考方法だが、2020年大会の出場権繰り越しがあり、第42回大会(2019)で2020年大会の出場権を獲得したチームと、FIMセパン8時間耐久ロードレース(2019)で2020年大会出場権を獲得したチームは、その権利を2021年に持ち越すことができるとされた。

 また選考レースに関しては、2021年4月開催予定の鈴鹿2x4レースが1stステージ、同年5月予定の鈴鹿サンデーロードレース第2戦がFINALステージとなっている。

■2021FIM世界耐久選手権鈴鹿8時間耐久ロードレース 開催日程

2021年7月15日(木)〜18 日(日)

15日 選手受付/公式車両検査
16日 フリー走行/公式予選/夜間フリー走行
17日 フリー走行/トップ10トライアル
18日 ウォームアップ走行/決勝レース(8時間)

 

Read Also:

シェア
コメント
連覇狙った鈴鹿8耐中止に、ジョナサン・レイ「本当にガッカリしている」

前の記事

連覇狙った鈴鹿8耐中止に、ジョナサン・レイ「本当にガッカリしている」

次の記事

EWC参戦のF.C.C TSR Honda France、来季体制を発表。ライダーにST1000王者の高橋裕紀

EWC参戦のF.C.C TSR Honda France、来季体制を発表。ライダーにST1000王者の高橋裕紀
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , FIM Endurance