Moto2バレンシア予選:シモーネ・コルシ、9年ぶりPP獲得! 長島哲太が15番手で決勝へ

MotoGP第18戦バレンシアGPのMoto2クラス予選が行われた。ポールポジションを獲得したのは、シモーネ・コルシだった。

Moto2バレンシア予選:シモーネ・コルシ、9年ぶりPP獲得! 長島哲太が15番手で決勝へ

 リカルド・トルモ・サーキットでMotoGP第18戦バレンシアGPのMoto2クラス予選が行われ、MV Agusta Forward Racingのシモーネ・コルシがポールポジションを獲得した。

 Moto2クラス予選はこれまででも最も気温が高い21℃、路面温度も24℃と上昇したコンディションで開始された。

 予選組分けでは、日本人ライダーの長島哲太(Italtrans Racing Team)代役参戦ながら直接Q2へ進出。タイトルを争っているRedBull KTM Ajoのレミー・ガードナーとラウル・フェルナンデスも順当にQ2へ直接進出した。

 Q1を突破したのはシモーネ・コルシ、トーマス・ルティ(Pertamina Mandalika SAG Team)、ハフィス・シャーリン(NTS RW Racing GP)、ジョー・ロバーツ(Italtrans Racing Team)の4人。なおルティは今回のレースを最後に引退することになっている。

 Q2の注目はやはりタイトル争いのふたりとなっていたが、序盤はコース上でガードナーの後方をラウル・フェルナンデスが追う形になった。ライバルの追走を嫌ったのか、若干スロー走行をする場面も見られたが、その後は問題が出ること無く走行が続いた。

 終盤の残り3分となった頃、暫定4番手タイムとなっていたラウル・フェルナンデスが転倒。コースに復帰することができず、彼の予選はここで終了となった。

 ライバルの転倒を尻目に走行を続けていたガードナーだが、なかなかタイムを縮めることができない状況が続いた。

 一方で速さを見せたのがQ1を勝ち上がってきたコルシ。1分34秒956をマークして暫定トップタイムとしていたが、このタイムは最後のアタックでも塗り替えられることがなく、コルシが9年ぶりのポールポジションを獲得した。2番手はセレスティーノ・ビエッティ(SKY Racing Team VR46)、3番手はアウグスト・フェルナンデス(Elf Marc VDS Racing Team)だ。

 転倒のあったラウル・フェルナンデスは最終的に5番手タイム。ガードナーは8番手タイムとなり、それぞれ2列目と3列目からタイトルを決するレースに臨むことになった。

 代役参戦中の長島は15番手タイムで予選を終了。25番グリッドだった前戦アルガルヴェGPからは大きな改善を見せた。

 
Read Also:
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Italy シモーネ コルシ 9 1'34.956     151.838
2 Italy Celestino Vietti Ramus 10 1'35.005 0.049 0.049 151.760
3 Spain アウグスト フェルナンデス 9 1'35.026 0.070 0.021 151.726
4 Italy ファビオ ギャナントニオ 8 1'35.034 0.078 0.008 151.714
5 Spain ラウル フェルナンデス 6 1'35.036 0.080 0.002 151.710
6 Switzerland トーマス ルティ 8 1'35.091 0.135 0.055 151.623
7 Spain アロン カネット 8 1'35.103 0.147 0.012 151.604
8 Australia レミー ガードナー 8 1'35.117 0.161 0.014 151.581
9 Spain ホルヘ ナヴァッロ 9 1'35.153 0.197 0.036 151.524
10 United Kingdom サム ロウズ 9 1'35.179 0.223 0.026 151.482

シェア
コメント
小椋藍、左足骨折により最終戦バレンシアGP欠場へ。前戦アルガルヴェ決勝の転倒で怪我
前の記事

小椋藍、左足骨折により最終戦バレンシアGP欠場へ。前戦アルガルヴェ決勝の転倒で怪我

次の記事

Moto2バレンシア決勝:レミー・ガードナー、Moto2タイトル獲得し親子2代王者に! 優勝は僚友フェルナンデス

Moto2バレンシア決勝:レミー・ガードナー、Moto2タイトル獲得し親子2代王者に! 優勝は僚友フェルナンデス
コメントを読み込む