Moto3アラゴン決勝|佐々木歩夢、2位表彰台獲得! ランク首位のゲバラ、完勝でリード拡大

MotoGP第15戦アラゴンGPのMoto3クラス決勝が行なわれた。優勝はイザン・ゲバラとなり、2位には日本人ライダーの佐々木歩夢が入った。

Moto3アラゴン決勝|佐々木歩夢、2位表彰台獲得! ランク首位のゲバラ、完勝でリード拡大
Listen to this article

 スペインのモーターランド・アラゴンでMotoGP第15戦アラゴンGPが開催された。このレースで優勝を飾ったのは、Autosolar GASGAS Aspar Teamのイザン・ゲバラだった。

 2日目に行なわれた予選の結果、ポールポジションはゲバラが獲得。2番手には日本人ライダーの佐々木歩夢(Sterilgarda Husqvarna Max)が並び、4番手には鈴木竜生(Leopard Racing)も続いた。

 19周の決勝レースは、ポールシッターのゲバラが勢いよく飛び出して、1周目からペースよく引っ張っていく形で始まった。佐々木、ダニエル・オルガド(Red Bull KTM Ajo)までの3人がトップ集団となり、この3人が逃げる展開だ。

 1周目には3台が絡むクラッシュが発生した他、2周目には山中琉聖(MT Helmets - MSI)が転倒。再スタートしたものの、大きく出遅れてしまった。

 トップ3は順調に逃げを進め、5周が経過する頃には4番手に対する差が約3秒近くにまで拡大。特に先頭のゲバラは、ファステストラップを刻む勢いを見せた。

 4番手争いはデニス・オンジュ(Red Bull KTM Tech3)、ジョン・マクフィー(Sterilgarda Husqvarna Max)、鈴木といったライダーがポジションを争っていることもあり、なかなかペースが上がらず、どんどん先頭集団との差が拡大してしまう状況に陥っていた。

 その後4番手争いを制してオンジュがグループの先頭に立ったものの、なかなかトップ集団との差を縮められなかった。レース折り返しを過ぎた10周目、トップ3は4番手以下に5.5秒と大きな差を築いていた。

 レース後半に入っても、先頭集団のペースは落ちることがなく、4番手のオンジュは全く追いつくことができない。2番手の佐々木、3番手のオルガドも首位のゲバラにバトルを仕掛けるまでには至っておらず、膠着状態が続いた。

 先頭のゲバラは残り6周からさらにペースアップ。佐々木はすぐ背後に食らいついたが、オルガドはその差が1秒以上に広がるなど、トップ争いから脱落してしまった。

 佐々木はゲバラの0.3秒ほど後方をキープ。しかし、オーバーテイクを仕掛けられる距離まで接近することができないまま、ファイナルラップに突入。佐々木は0.5秒遅れでゲバラを追ったが、ゲバラはミス無く最後の1周を走りきり、ポールポジションから一度も先頭を譲ること無く、完璧なポールトゥウィンを果たした。

 2位は佐々木。最終的に約1秒差でのフィニッシュとなった。3位はオルガドだ。

 その他日本人ライダーの結果だが鈴木が12位、古里太陽(Honda Team Asia)が17位、鳥羽海渡(CIP Green Power)が23位だ。転倒のあった山中は、最終的にリタイアとなった。

 ポイントランキングではゲバラがリードを拡大。2番手のセルジオ・ガルシア(Autosolar GASGAS Aspar Team)との差を33ポイントとした。

 
Read Also:
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Spain Izan Guevara 19 -       25
2 Japan 佐々木 歩夢 19 0.957 0.957 0.957   20
3 Spain Daniel Holgado 19 6.536 6.536 5.579   16
4 Turkey Deniz Öncü 19 12.906 12.906 6.370   13
5 Mexico Adrian Fernandez 19 16.695 16.695 3.789   11
6 Ivan Ortola 19 16.721 16.721 0.026   10
7 Spain David Munoz 19 16.855 16.855 0.134   9
8 Spain ジャウマ マシア 19 16.961 16.961 0.106   8
9 Spain Carlos Tatay 19 17.048 17.048 0.087   7
10 United Kingdom ジョン マクフィー 19 17.071 17.071 0.023   6

シェア
コメント

佐々木歩夢所属のSterilgarda Husqvarna Max、予選で他チーム出走を妨害。当該スタッフに資格剥奪処分

Moto3日本FP1|佐々木歩夢、初日は3番手タイムと好調! 日本勢がトップ10以内に3人食い込む

最新ニュース

F1用V8エンジンで演奏してみた。レッドブル・レーシング、2011年チャンピオンマシン『RB7』で国歌奏でる

F1用V8エンジンで演奏してみた。レッドブル・レーシング、2011年チャンピオンマシン『RB7』で国歌奏でる

Intercontinental GT Challenge

F1用V8エンジンで演奏してみた。レッドブル・レーシング、2011年チャンピオンマシン『RB7』で国歌奏でる F1用V8エンジンで演奏してみた。レッドブル・レーシング、2011年チャンピオンマシン『RB7』で国歌奏でる

【動画】レッドブル、『RB7』でオーストラリア国歌を奏でる|バサースト12時間

【動画】レッドブル、『RB7』でオーストラリア国歌を奏でる|バサースト12時間

Intercontinental GT Challenge

【動画】レッドブル、『RB7』でオーストラリア国歌を奏でる|バサースト12時間 【動画】レッドブル、『RB7』でオーストラリア国歌を奏でる|バサースト12時間

「ホンダの計画が具体化しつつある……2026年の幸運を祈っている」レッドブルF1ホーナー代表、フォードとの提携に伴いホンダにエール

「ホンダの計画が具体化しつつある……2026年の幸運を祈っている」レッドブルF1ホーナー代表、フォードとの提携に伴いホンダにエール

F1 F1

「ホンダの計画が具体化しつつある……2026年の幸運を祈っている」レッドブルF1ホーナー代表、フォードとの提携に伴いホンダにエール 「ホンダの計画が具体化しつつある……2026年の幸運を祈っている」レッドブルF1ホーナー代表、フォードとの提携に伴いホンダにエール

市役所でレーシングカーが見られる! B-Max Racingが提携する綾瀬市の市庁舎でスーパーフォーミュラ車両展示をスタート。3月中旬まで

市役所でレーシングカーが見られる! B-Max Racingが提携する綾瀬市の市庁舎でスーパーフォーミュラ車両展示をスタート。3月中旬まで

SF スーパーフォーミュラ

市役所でレーシングカーが見られる! B-Max Racingが提携する綾瀬市の市庁舎でスーパーフォーミュラ車両展示をスタート。3月中旬まで 市役所でレーシングカーが見られる! B-Max Racingが提携する綾瀬市の市庁舎でスーパーフォーミュラ車両展示をスタート。3月中旬まで