デニス・オンジュ、Moto3アメリカズでの危険走行により2レース出場停止が決定

テック3・KTMのライダーとしてMoto3に参戦しているデニス・オンジュは、MotoGPアメリカズGPのMoto3クラス決勝で深刻なクラッシュの原因を作ったとして、2レース出場停止の処分を受けることになった。

デニス・オンジュ、Moto3アメリカズでの危険走行により2レース出場停止が決定

 デニス・オンジュ(Red Bull KTM Tech 3)は、MotoGPアメリカズGPのMoto3クラス決勝レースで多重クラッシュを引き起こしたとして、2レース出場停止処分を受けることになった。

 オンジュは決勝レースの終盤、サーキット・オブ・ジ・アメリカズのバックストレートで、Indonesian Racing Gresini Moto3のジェレミー・アルコバの直前を横切るように走った。これでオンジュのリヤタイヤと、アルコバのフロントタイヤが接触。アルコバはこれで転倒してしまう。その後方にいたアンドレア・ミーニョ(Rivacold Snipers Team)とペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)は、転がったアルコバのマシンに激突。ふたりは宙を飛ぶような形となり、激しくクラッシュしてしまった。

 ただ幸いにも、クラッシュに巻き込まれた3人はいずれも大事には至らず、事故現場を後にしている。

 レースはこの事故により赤旗中断。そのまま終了されることになった。

 このレースでは、 8周目の時点でもフィリップ・サラック(CarXpert PruestelGP)の事故により赤旗中断。オンジュの動きに起因する事故は、レース再開から2周後に発生した。そのためレースの最終結果は、最初の赤旗が出された時の順位が採用されている。

 事故を引き起こしたオンジュは、次戦エミリア・ロマーニャGPと、アルガルヴェGPの出場停止処分を受けることになった。

 スチュワードは以下のように声明を発表している。

「10月3日11時46分、レッドブル・グランプリ・オブ・ジ・アメリカズのMoto3レース後半で、あなた(オンジュ)はターン11とターン12の間にあるコースの直線部分で、別のライダーのラインを横切り、クラッシュを引き起こしたことが判明した」

「これは、全てのチーム/競技者に電子メールで送られた特定の指示に違反しており、他の競技者を危険に晒す無責任なライディングと見做される」

「従ってこれは、FIM世界選手権グランプリ規則の第1.2.1.2条に違反している」

「上記の理由とこの重大な事件を故意に引き起こしたため、FIM MotoGPスチュワード・パネルは、2021年エミリア・ロマーニャGPと2021年アルガルヴェGPへの参加を禁止することとした」

 スチュワードによれば、オンジュの所属チームであるテック3からは、控訴状は提出されていないという。

 先週末にはヘレスで行なわれたワールド・スーパースポーツ300のレースで、マーベリック・ビニャーレスの従兄弟であるディーン・ベルタ・ビニャーレスが15歳という若さで亡くなったばかりであり、安全の問題が特に声高に叫ばれている最中に、今回の事故が起きてしまったということになる。

 

Read Also:

シェア
コメント
Moto3アメリカズ決勝:赤旗中断により混乱のレース。ゲバラ初優勝果たす。アコスタ、ポイント差詰められる

前の記事

Moto3アメリカズ決勝:赤旗中断により混乱のレース。ゲバラ初優勝果たす。アコスタ、ポイント差詰められる

次の記事

Moto3エミリア・ロマーニャ予選:アントネッリ、ウエット路面で躍動しPP。日本勢は佐々木10番手が最上位

Moto3エミリア・ロマーニャ予選:アントネッリ、ウエット路面で躍動しPP。日本勢は佐々木10番手が最上位
コメントを読み込む