ドゥカティ、ラインアップを6月中決定へ。気鋭バスティアニーニ昇格? それともマルティンか……

ドゥカティは2023年以降のライダーラインアップに関して、6月中に決定を下す意向を示した。

ドゥカティ、ラインアップを6月中決定へ。気鋭バスティアニーニ昇格? それともマルティンか……
Listen to this article

 MotoGPは2022年シーズン序盤戦を終え、ヨーロッパラウンドが開始。それに伴い、2023年以降の移籍などに関する噂も増えつつある。

 多くのライダーの契約は2022年が満期。そのため来シーズンのシートを巡っての動きが加速している。

 数少ない契約延長済みのライダーがフランチェスコ・バニャイヤだ。彼はプレシーズンの段階でドゥカティと契約を延長。2024年まで同チームにとどまることが決まっている。

 一方、ドゥカティのファクトリーチームのもう一席に、誰が選ばれるのかはまだ決定していない。

 現在所属するジャック・ミラーには放出の噂が既に広まっており、プラマックへの出戻りや、LCRホンダとの交渉の可能性が報じられている。そしてファクトリーチーム昇格の可能性があると見られているのは、プラマックのホルヘ・マルティンと、グレシーニのエネア・バスティアニーニだ。

 ドゥカティのスポーティングディレクターであるパオロ・チアバッティは6月中には決定することになるだろうと明かした。

 チアバッティはSky Sportsに対して「バスティアニーニとマルティンの将来だが、6月には明らかになるだろう」と答えている。

 そして彼はファクトリーチームの席がひとつしか空いていないものの「ふたりをキープする」ことを望んでいるとも話した。

 チアバッティはマルティンとバスティアニーニ、ふたりのライダーが「非常に上手くやっている」と評価し、ドゥカティの将来のために頼りにしている風だった。

 なおファクトリーチームのシート喪失が確実視されているミラーだが、ドゥカティのゼネラルマネージャーであるジジ・ダッリーニャは次のように語っており、断定しなかった。

「もちろん、その可能性は常にある。だがレースにおける継続性には価値があると思う。ライダーがそのバイクで上手くやっているなら、変えることは考えるべきではない」

 
Read Also:

シェア
コメント

スズキ撤退後の”穴”はレオパード・レーシングが埋める? Moto3強豪チームが強い興味

マルク・マルケス、殿堂入りしたロレンソについて語る「好調な時には無敵だった」

最新ニュース

ウイリアムズ、ガルフオイルとの複数年契約を発表。昨年まではマクラーレンのスポンサー務める

ウイリアムズ、ガルフオイルとの複数年契約を発表。昨年まではマクラーレンのスポンサー務める

F1 F1

ウイリアムズ、ガルフオイルとの複数年契約を発表。昨年まではマクラーレンのスポンサー務める ウイリアムズ、ガルフオイルとの複数年契約を発表。昨年まではマクラーレンのスポンサー務める

【F1新車2023】ウイリアムズ、『FW45』のカラーリングを発表。新体制で最下位脱出目指す

【F1新車2023】ウイリアムズ、『FW45』のカラーリングを発表。新体制で最下位脱出目指す

F1 F1

【F1新車2023】ウイリアムズ、『FW45』のカラーリングを発表。新体制で最下位脱出目指す 【F1新車2023】ウイリアムズ、『FW45』のカラーリングを発表。新体制で最下位脱出目指す

新車FW45の戦闘力は高そう? カラー発表のウイリアムズ「空力効率が改善しダウンフォースも増加」と開発に自信

新車FW45の戦闘力は高そう? カラー発表のウイリアムズ「空力効率が改善しダウンフォースも増加」と開発に自信

F1 F1

新車FW45の戦闘力は高そう? カラー発表のウイリアムズ「空力効率が改善しダウンフォースも増加」と開発に自信 新車FW45の戦闘力は高そう? カラー発表のウイリアムズ「空力効率が改善しダウンフォースも増加」と開発に自信

【ギャラリー】ウイリアムズ、2023年マシン『FW45』のカラーリング公開。ガルフロゴが新鮮味加える

【ギャラリー】ウイリアムズ、2023年マシン『FW45』のカラーリング公開。ガルフロゴが新鮮味加える

F1 F1

【ギャラリー】ウイリアムズ、2023年マシン『FW45』のカラーリング公開。ガルフロゴが新鮮味加える 【ギャラリー】ウイリアムズ、2023年マシン『FW45』のカラーリング公開。ガルフロゴが新鮮味加える