MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

マルケスが“遅くなる”なんてありえない? クラッチロー、6度王者の速さ不変と確信

カル・クラッチローは怪我からの復帰を目指しているマルク・マルケスについて、レースへ戻ってきた時に“遅い”ということは決して無いだろうと考えている。

マルケスが“遅くなる”なんてありえない? クラッチロー、6度王者の速さ不変と確信

 MotoGPの2021年シーズン開幕が迫っている現在、注目が集まっているのは6度のMotoGP王者であるマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が、昨年7月に負った骨折から復帰を果たすかどうかだろう。

 マルケスは昨年7月に右上腕骨を骨折すると、昨年12月に3度目となる手術を受け、以後は復帰に向けた療養とトレーニングが続いてきた。

 カタールテストも欠席となったマルケスだが、ホンダは3月中旬に医師からバイクへの乗車許可が出たことを公表。以後マルケスはミニバイクでのトレーニングを始め、先日はMotoGPマシンの公道レプリカであるRC213V-Sをカタルニア・サーキットで走らせるまでに至っていた。

Related videos:

 彼のレース復帰がいつになるのかはまだ不明だ。しかし開幕戦カタールGPの暫定エントリーリストには彼の名前が記載されており、本人も開幕戦復帰の可能性を除外していない。

 実に8ヵ月間もMotoGPマシンから遠ざかってしまっているマルケス。しかし昨年まで同じホンダ陣営でMotoGPを戦っていたカル・クラッチローは、マルケスが復帰したときの速さを疑っていない。

「マルクに関してだけど、マルク・マルケスはマルク・マルケスだからね。彼がカムバックを果たしたとき、彼が遅くなっていることはまず無いだろう。それは確かだ」

 クラッチローはそう語る。

「僕らは皆それを楽しみにしているんだ。彼ができるだけ早く復帰することを皆が期待している。ただ僕は彼が戻ってくるのに時間を使うと思っている。だけど遅いライダーになんかはならないはずだ。再適応などには時間は使うかもしれないけどね」

「そうは言ってもこれはマルクについての話で、彼は3周後には最速になっているかもしれない。それは決して分からないことだ。ライダーですら彼には戻ってきて欲しいと思っているはずだし、僕も彼がすぐに戻ってきて、問題なく準備ができていることを願っているよ」

 なおホンダは開幕戦でマルケスが復帰せず欠場が続く場合には、テストライダーのステファン・ブラドルを起用する予定だ。

 

Read Also:

シェア
コメント
ドヴィツィオーゾ、アプリリアRS-GPをテストライドへ。開発ライダーとして加入の可能性も?

前の記事

ドヴィツィオーゾ、アプリリアRS-GPをテストライドへ。開発ライダーとして加入の可能性も?

次の記事

ロッシ「2021年のヤマハは“クレバー”」ペトロナスSRTの雰囲気にも高評価

ロッシ「2021年のヤマハは“クレバー”」ペトロナスSRTの雰囲気にも高評価
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー マルク マルケス
執筆者 Lewis Duncan