MotoGPバレンシアFP3:ロッシ、予選Q2直接進出決定! エスパルガロ兄がトップタイム

MotoGP第18戦バレンシアGPのフリー走行3回目が行われた。トップタイムを記録したのはアレイシ・エスパルガロだった。

MotoGPバレンシアFP3:ロッシ、予選Q2直接進出決定! エスパルガロ兄がトップタイム

 リカルド・トルモ・サーキットで、2021年のMotoGP最終戦となる第18戦バレンシアGPが開催。2日目のフリー走行3回目は、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)がトップタイムを記録した。

 予選も行なわれるこの日の天候は晴れ。気温15℃、路面温度14℃のコンディションで、FP3開始時刻を迎えた。FP3までの総合トップ10が予選Q2へ直接進出となるが、初日トップはジャック・ミラー(ドゥカティ)となっている。

Read Also:

 セッション終盤のアタックが大きな目的となるセッションだが、アレイシ・エスパルガロは序盤から初日の自己ベストを超えるタイムを記録し、セッションを牽引した。

 アレイシ・エスパルガロのマークした1分31秒405はしばらく破られることがないままFP3は進み、2番手には弟のポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ)が続いていた。

 アレイシ・エスパルガロはセッション折返しを過ぎた頃に、さらにアタック。1分30秒951とトップタイムを大きく更新した。同じ頃には中上貴晶(LCRホンダ)もアタックに向かい、1分30秒952をマーク。アレイシ・エスパルガロに肉薄した。

 このセッションは大きな転倒などもなく平和に進んでいたが、残り14分のタイミングでポル・エスパルガロがターン13でハイサイドを喫してしまった。彼はグラベルでしばらくうずくまっていたが、最終的に担架でコース外へと運び出され、メディカルセンターへと搬送されている。

 残り10分を切った頃、ミラーがアタック。初日自己ベストを大きく更新する1分30秒547を記録してトップタイムを更新した。

 他のライダーもアタックを実施し、ミラーのチームメイトであるバニャイヤや、ジョアン・ミル(スズキ)、中上、フランコ・モルビデリ(ヤマハ)などが初日の自己ベストを越えてミラーに続いた。

 一度タイヤ交換でピットに戻ったライダーも、残り時間5分を切る頃には再びコースイン。最後のアタックに入った。

 次々と自己ベストが更新されていくが、その中でも速さを見せたのはアレイシ・エスパルガロ。1分30秒529をマークしてトップタイムとした。

 なかなかこのタイムを上回るライダーが現れないまま時間が経過。セクター2まで最速タイムを更新するペースを見せていたフランチェスコ・バニャイヤも最終的にタイム更新に失敗し、アレイシ・エスパルガロがFP3トップタイムとなった。2番手はミラー、3番手はモルビデリだ。

 中上は最後のアタックではタイムを縮める事はできなかったが、7番手タイムを記録。予選Q2へ直接進出となった。

 またこのセッションのハイライトとなったのが、バレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)だ。ロッシは初日に最後尾の21番手タイムと苦戦しているように見えたが、FP3では終盤のアタックで一気にペースを上げ、1分30秒825をマーク。総合10番手となり、現役最後のグランプリで予選Q2進出を決めた。

 最近は予選Q2進出も難しくなっていたため、このロッシの奮闘にはチームも客席も大盛りあがり。コース上では弟子のバニャイヤも師匠の祝福に駆け寄った。なおFP1~FP3の総合トップ10は、FP3のトップ10と同一の並びとなっている。

 
Read Also:
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain アレイシ エスパルガロ 17 1'30.529     159.263
2 Australia ジャック ミラー 21 1'30.547 0.018 0.018 159.232
3 Italy フランコ モルビデリ 20 1'30.614 0.085 0.067 159.114
4 Italy フランチェスコ バニャイヤ 21 1'30.652 0.123 0.038 159.047
5 Spain ホルヘ マルティン 20 1'30.714 0.185 0.062 158.939
6 Spain ジョアン ミル 21 1'30.762 0.233 0.048 158.855
7 Japan 中上 貴晶 20 1'30.777 0.248 0.015 158.828
8 France ヨハン ザルコ 23 1'30.786 0.257 0.009 158.813
9 France ファビオ クアルタラロ 23 1'30.791 0.262 0.005 158.804
10 Italy バレンティーノ ロッシ 22 1'30.825 0.296 0.034 158.744

シェア
コメント
王座陥落、勝利無し……ジョアン・ミル、厳しい2021シーズンは「飲み込むのが難しい」と認める
前の記事

王座陥落、勝利無し……ジョアン・ミル、厳しい2021シーズンは「飲み込むのが難しい」と認める

次の記事

【MotoGPコラム】ビフォア・コロナに近づくMotoGP。久しぶりの現地取材で見えたコト

【MotoGPコラム】ビフォア・コロナに近づくMotoGP。久しぶりの現地取材で見えたコト
コメントを読み込む