MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

MotoGPドーハFP1:アプリリア、速さは本物か? エスパルガロ兄トップ。モルビデリはトラブル続き

MotoGP第2戦ドーハGPのフリー走行1回目が行なわれ、アプリリアのアレイシ・エスパルガロがトップタイムをマークした。中上貴晶は10番手タイムだ。

MotoGPドーハFP1:アプリリア、速さは本物か? エスパルガロ兄トップ。モルビデリはトラブル続き

 ロサイル・インターナショナル・サーキットでの連戦で行なわれているMotoGP第2戦ドーハGP。そのフリー走行1回目が行なわれ、アプリリアのアレイシ・エスパルガロがトップタイムを記録した。

 フリー走行1回目は気温37℃、路面温度48℃と高温なコンディションでスタート。ナイトセッションで行なわれる予選・レースとはコンディションは違うが、各ライダーは積極的な走行を重ねた。

 アレイシ・エスパルガロはセッション序盤からタイムシート上部につけていたが、最終盤のアタックで他メーカーのライバルを押しのける1分54秒779というタイムをマークし、FP1をトップで終えた。

 2番手にはスズキのアレックス・リンス。3番手は開幕戦ウイナーのマーベリック・ビニャーレスとなった。

 ビニャーレスが前戦から引き続いて好調を維持しているが、ヤマハ陣営には不安材料も見られた。ペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリがセッション中に2度白煙を吹いてしまったのだ。モルビデリは開幕戦でホールショットデバイスに問題があったことが分かっており、トラブル続きとなってしまった。

 またバレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)は17番手タイムと、低調な船出となった。

 4番手にはプラマックのルーキー、ホルヘ・マルティンが割って入った。他のドゥカティ勢は下位に沈んでおり、ファクトリーチームのジャック・ミラーとフランチェスコ・バニャイヤはそれぞれ18番手と20番手、ヨハン・ザルコ(プラマック)も22番手となっている。ザルコに関してはセッション序盤にターン15で転倒があったが、怪我などは負っていないようだ。

 ホンダ勢ではレプソル・ホンダでマルク・マルケスの代役として出場しているステファン・ブラドルが9番手でトップ。日本の中上貴晶(LCRホンダ)は10番手につけている。ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ)は12番手だ。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain アレイシ エスパルガロ 12 1'54.779     168.741
2 Spain アレックス リンス 15 1'54.839 0.060 0.060 168.653
3 Spain マーベリック ビニャーレス 15 1'54.864 0.085 0.025 168.616
4 Spain ホルヘ マルティン 15 1'55.019 0.240 0.155 168.389
5 Italy フランコ モルビデリ 11 1'55.125 0.346 0.106 168.234
6 Italy ダニーロ ペトルッチ 15 1'55.263 0.484 0.138 168.033
7 France ファビオ クアルタラロ 16 1'55.303 0.524 0.040 167.974
8 Spain ジョアン ミル 16 1'55.349 0.570 0.046 167.907
9 Germany Stefan Bradl 18 1'55.393 0.614 0.044 167.843
10 Japan 中上 貴晶 19 1'55.448 0.669 0.055 167.763

シェア
コメント
KTM、開幕戦ではタイヤとマシンが合わず“大打撃”受ける。連続開催のドーハも厳しい?

前の記事

KTM、開幕戦ではタイヤとマシンが合わず“大打撃”受ける。連続開催のドーハも厳しい?

次の記事

Moto3ドーハ初日:ダリン・ビンダーが総合首位。鈴木竜生が5番手につける

Moto3ドーハ初日:ダリン・ビンダーが総合首位。鈴木竜生が5番手につける
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント ドーハGP