ベッツェッキが初のポールポジション獲得! バニャイヤ3番手&クアルタラロ4番手|MotoGPタイGP予選

MotoGP第17戦タイGPの予選が行なわれた。MotoGPクラスのポールポジションを獲得したのは、VR46のマルコ・ベッツェッキだった。

ベッツェッキが初のポールポジション獲得! バニャイヤ3番手&クアルタラロ4番手|MotoGPタイGP予選
Listen to this article

 チャーン・インターナショナル・サーキットでMotoGP第17戦タイGPの予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのは、VR46のマルコ・ベッツェッキだった。

 MotoGPタイGPは初日、2日目と予報が外れて天候は晴れ。ドライコンディションで両日のセッションが行なわれ、予選も雨の不安が無い状態で行なわれることになった。

 気温は30℃、路面温度40℃、湿度71%と東南アジア開催らしく蒸し暑いコンディションだ。

 予選組分けではランキング3番手のアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)が予選Q1スタートに含まれてしまった。中上貴晶の代役である長島哲太(LCRホンダ)、ジョアン・ミルの代役としてMotoGPに戻ってきたダニーロ・ペトルッチ(スズキ)もQ1スタートだ。

 Q1の注目はエスパルガロ、そして復帰3戦目にしてドライコンディションでも速さを見せつつあるマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)に集まったことは間違いない。

 実際、マルケスは最初のアタックでいきなり1分30秒343をマークして暫定トップタイムに立つなど、Q1では際立った速さを見せた。エスパルガロはそれに次ぐ1分30秒967で2番手となった。

 その後エスパルガロは1分30秒609まで自己ベストを改善するが、カル・クラッチロー(RNFヤマハ)が1分30秒542を記録したことで、Q2進出圏外の3番手に弾き出されてしまった。

 マルケスは早めにピットへ戻っていたことから、体力温存でこのままピット内に留まるかとも思われたが、Q1後半に再びコースへ戻った。

 3番手に弾き出されていたエスパルガロは、後半のアタックで1分30秒202と自己ベストを大きく更新。これで暫定トップタイムとなった。

 Q1最後のアタックでは多くのライダーが暫定最速タイムを超えるペースを発揮。タイム更新が相次いだ。

 ラストアタックで最速となったのは、1分30秒038を記録したマルケス。2番手にはミゲル・オリベイラ(KTM)が食い込み、この2人がQ2へ進んだ。長島は約1.3秒差の22番手、ペトルッチは1.56秒差の14番手でQ1敗退となった。

 そしてエスパルガロは3番手タイムで予選Q1敗退が決定。タイトル争いのライバルであるファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)とフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)がQ2で争う中、既に不利な状況になってしまったと言えるだろう。

 ポールポジションを決する注目のQ2は、いきなり激しいタイムアタック合戦が展開された。

 1回目のアタックからQ1でマルケスの記録したタイムを超える、1分29秒台が記録される具合で、まずはホルヘ・マルティン(プラマック)が1分29秒893で暫定トップに立った。2番手にはチームメイトのヨハン・ザルコが続き、彼も1分29秒963を記録している。

 3番手はジャック・ミラー(ドゥカティ)の1分30秒106であり、後半のアタックではレコード更新もありそうな雰囲気が漂った。

 なおコース上ではバニャイヤが自己ベストを更新し続け、残り3分という段階で1分29秒775をマークして暫定トップを更新した。

 マルティンはそのタイムも上回るペースを見せていたが、一瞬バランスを崩してアタックは不発。連続2周目のアタックに全力で挑んでいった。

 バニャイヤ超えのペースを刻むマルティンは、1分29秒692をマーク。レコード更新のタイムで暫定トップに……と思われたが、後方でアタックに入っていたマルコ・ベッツェッキが更にそれを上回る1分29秒671を記録。マルティンを打ち破り、ベッツェッキが初のポールポジションを獲得した。

 2番手はマルティン。泣きのもう1回で入った最終アタックで自己ベスト更新を果たしたが、PPにはわずかに及ばなかった。3番手はバニャイヤだ。4番手にはポイントリーダーのファビオ・クアルタラロが並んでおり、決勝レースではランキング首位と2番手の激しい争いに発展しそうだ。

 マルケスは最終的に8番手タイム。最後のアタックではリヤが滑るシーンもあったが無事走りきり、ホンダ勢最上位となった。

 
Read Also:
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Italy マルコ ベッツェッキ 7 1'29.671     182.828
2 Spain ホルヘ マルティン 8 1'29.692 0.021 0.021 182.785
3 Italy フランチェスコ バニャイヤ 8 1'29.775 0.104 0.083 182.616
4 France ファビオ クアルタラロ 8 1'29.909 0.238 0.134 182.344
5 France ヨハン ザルコ 7 1'29.963 0.292 0.054 182.234
6 Italy エネア バスティアニーニ 8 1'29.988 0.317 0.025 182.184
7 Australia ジャック ミラー 5 1'30.106 0.435 0.118 181.945
8 Spain マルク マルケス 6 1'30.133 0.462 0.027 181.891
9 Italy ルカ マリーニ 9 1'30.214 0.543 0.081 181.727
10 Spain アレックス リンス 8 1'30.337 0.666 0.123 181.480

シェア
コメント
Moto2タイGP予選|チャントラ、3年ぶり母国戦で初ポール獲得の快挙! 小椋藍が3番手フロントロウ確保
前の記事

Moto2タイGP予選|チャントラ、3年ぶり母国戦で初ポール獲得の快挙! 小椋藍が3番手フロントロウ確保

次の記事

「レースペースはそんなに悪くない」長島哲太、MotoGP2戦目も学習と改善続ける

「レースペースはそんなに悪くない」長島哲太、MotoGP2戦目も学習と改善続ける