中上貴晶、MotoGP日本GPを前に2023年以降の契約更新に合意!

ホンダ・レーシング(HRC)は、MotoGPにLCRホンダから参戦している中上貴晶と2023年以降の契約に合意したことを発表した。

中上貴晶、MotoGP日本GPを前に2023年以降の契約更新に合意!
Listen to this article

 ホンダ・レーシング(HRC)は、FIMロードレース世界選手権 MotoGPクラスに『LCR Honda IDEMITSU』から参戦している、中上貴晶と2023年以降の契約に合意したことを発表した。

 中上は2012年にMoto2クラスに初参戦。2014年からはIDEMITSU Honda Team Asiaに所属し、2018年にMotoGPクラス昇格を果たした。

 以降、LCR Honda IDEMITSUからの参戦を続けている中上は、2021年アラゴンGPで日本人ライダー最多となるグランプリ通算200戦出走を達成した。今季はホンダ勢が苦戦していることもあって、ランキング16番手となっている。

 ホンダは来季に向けてライダーラインアップを大きく変更。撤退するスズキからジョアン・ミルをレプソル・ホンダに、アレックス・リンスをLCRホンダに迎え入れている。

 中上は、手術を経て復帰したばかりのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)と共に、2023年バイクの開発を引っ張る立場となるだろう。

 契約更新の発表に際し、中上とHRCの代表取締役社長である渡辺康治氏は次のようにコメントを発表した。

■LCR Honda IDEMITSU 中上貴晶

「『LCR Honda IDEMITSU』から、2023年以降も引き続きMotoGPに参戦でき、とても嬉しく思っています。日頃から活動を支えてくださる出光興産株式会社様、ならびにHonda様にはとても感謝しております。また、いつもあたたかく応援してくださるファンの皆様へも感謝を伝えたいです。今シーズンは自分自身納得がいく結果を残せてないですが、来シーズンに向けて一日でも早く満足のいくレースをして、皆さまの期待に応えていきたいと思います。日本GPは3年振りに開催されます。日本のファンの皆様の前で走れることがとても楽しみです。皆様、ご声援よろしくお願いいたします」

■本田技研工業株式会社 執行職 コーポレートコミュニケーション統括部長 兼 株式会社ホンダ・レーシング(HRC)代表取締役社長 渡辺康治

「来シーズンも引き続き、中上貴晶選手とMotoGPクラスで戦えることをうれしく思っています。今シーズンはHRCとして難しいシーズンとなっていますが、そのような状況においても、1戦1戦前向きに取組む姿勢には、心打たれるものがあります。中上選手ならびにファンの皆様の期待に応えられるように引き続きHondaもサポートしてまいります。最後になりましたが、これまでも多大なるサポートをいただいております出光興産株式会社様へ、心より感謝を申し上げます」

 
 
Read Also:

 

シェア
コメント

VR46、ベッツェッキを2023年も継続起用。今シーズンはルーキーながら表彰台も獲得

MotoGPライダー中上貴晶がオンライン講演を実施。日本GPを前に茂木町の中学生に“夢の実現”を語る

最新ニュース

【ギャラリー】今季こそ古豪の復活なるか? 名門ウイリアムズの歴史を彩る名車たち

【ギャラリー】今季こそ古豪の復活なるか? 名門ウイリアムズの歴史を彩る名車たち

F1 F1

【ギャラリー】今季こそ古豪の復活なるか? 名門ウイリアムズの歴史を彩る名車たち 【ギャラリー】今季こそ古豪の復活なるか? 名門ウイリアムズの歴史を彩る名車たち

フェラーリF1新代表、メルセデス代表と友好関係も”公私混同”はナシ「コース内外で地獄みたいな戦いを展開するよ!」

フェラーリF1新代表、メルセデス代表と友好関係も”公私混同”はナシ「コース内外で地獄みたいな戦いを展開するよ!」

F1 F1

フェラーリF1新代表、メルセデス代表と友好関係も”公私混同”はナシ「コース内外で地獄みたいな戦いを展開するよ!」 フェラーリF1新代表、メルセデス代表と友好関係も”公私混同”はナシ「コース内外で地獄みたいな戦いを展開するよ!」

レッドブルとフォードの”業務分担”はどうなる? ホーナー代表「エンジンを我々、電動部分はフォードという単純な関係ではない」

レッドブルとフォードの”業務分担”はどうなる? ホーナー代表「エンジンを我々、電動部分はフォードという単純な関係ではない」

F1 F1

レッドブルとフォードの”業務分担”はどうなる? ホーナー代表「エンジンを我々、電動部分はフォードという単純な関係ではない」 レッドブルとフォードの”業務分担”はどうなる? ホーナー代表「エンジンを我々、電動部分はフォードという単純な関係ではない」

2022年F1新レギュレーション導入で、最も激しい開発競争の舞台となったフロア……2023年はどうなる?

2022年F1新レギュレーション導入で、最も激しい開発競争の舞台となったフロア……2023年はどうなる?

F1 F1

2022年F1新レギュレーション導入で、最も激しい開発競争の舞台となったフロア……2023年はどうなる? 2022年F1新レギュレーション導入で、最も激しい開発競争の舞台となったフロア……2023年はどうなる?