クアルタラロ、イタリアGPでポール・トゥ・ウィンも「素晴らしい気分じゃない」デュパスキエの死を悼む

MotoGPイタリアGPで優勝したファビオ・クアルタラロは、Moto3クラスのジェイソン・デュパスキエが事故死した後ということもあり、あまりいい気分ではないと認めた。

クアルタラロ、イタリアGPでポール・トゥ・ウィンも「素晴らしい気分じゃない」デュパスキエの死を悼む

 2021年のMotoGP第6戦イタリアGPでは、ヤマハのファビオ・クアルタラロがポール・トゥ・ウィンを達成し、今シーズン3勝目。ポイントランキングでのリードを拡大することに成功した。

 しかし今回のグランプリは悲しみに包まれた中で行なわれており、クアルタラロも優勝したものの素晴らしい気分ではないと語っている。

 グランプリ2日目のMoto3クラス予選中、高速のターン9でクラッシュが発生。ジェイソン・デュパスキエ(CarXpert PruestelGP)がそのクラッシュの影響で、死亡する結果となってしまったのだ。MotoGPクラス決勝前には、彼に黙祷を捧げる時間が設けられた。

Read Also:

 決勝レースでは序盤に先頭を奪ったフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)が転倒。クアルタラロが先頭に立った後は後続の追撃を許さずに逃げ切り、今季3勝目を挙げた。彼はタイトル争いのライバルであるバニャイヤがノーポイントに終わったことで、大きくリードを拡大することに成功した。

「普通ではない、妙な1日だった」と、ポール・トゥ・ウィンを達成したクアルタラロは語った。

「正直、レース前には凄く感情的になっていた」

「僕はいろんな状況ですぐに感情的になってしまうんだけど、レース前に1分間の黙祷をしてのスタートは大変だった。それにターン9を通るたびに、ジェイソンのことを考えていた」

「このレースは彼のためのものだ」

「それから勝利はお母さんに捧げたい。フランスでは今日が母の日だったしね」

「素晴らしい気分ではないね。勝利を達成したけど、僕らはひとりの友人を失った。だから簡単じゃない」

 クアルタラロはレース後の静かな表彰台でデュパスキエへの敬意を表し、デュパスキエの母国であるスイスの国旗を掲げていた。

 

Read Also:

Race winner Fabio Quartararo, Yamaha Factory Racing

Race winner Fabio Quartararo, Yamaha Factory Racing

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

シェア
コメント
MotoGPイタリア決勝:クアルタラロ逃げ切り今季3勝目。中上貴晶は転倒リタイア
前の記事

MotoGPイタリア決勝:クアルタラロ逃げ切り今季3勝目。中上貴晶は転倒リタイア

次の記事

バスティアニーニ、スタート直前に“まさか”のクラッシュ。「ザルコを避けられなかった」と説明

バスティアニーニ、スタート直前に“まさか”のクラッシュ。「ザルコを避けられなかった」と説明
コメントを読み込む