スーパーフォーミュラ番組MC就任から半年……日向坂46富田鈴花、“モタスポ沼”にどっぷり「こんなに好きなものが見つかるとは!」

スーパーフォーミュラを学び、深掘りしていく番組『GO ON! NEXT〜サーキットで会いましょう〜』のMC就任から約半年。日向坂46の富田鈴花は、数々の取材やロケを経てすっかりモータースポーツの虜になっていた。

スーパーフォーミュラ番組MC就任から半年……日向坂46富田鈴花、“モタスポ沼”にどっぷり「こんなに好きなものが見つかるとは!」
Listen to this article

 今年7月にスタートしたスーパーフォーミュラにスポットライトを当てた番組『GO ON! NEXT〜サーキットで会いましょう〜』。その番組MCに就任したのが、日向坂46の富田鈴花だった。鈴鹿サーキットにちなんで『鈴花』と名付けられた彼女は、番組MCという仕事を通して、これまで名前を除いてはあまり縁のなかったモータースポーツの世界に足を踏み入れ、その魅力に触れることとなった。

 7月の第6戦富士でスーパーフォーミュラを初取材。その際はスタートの瞬間を間近で観戦し、そのあまりの迫力に感極まったほどだった。そして10月末に行なわれた最終ラウンドで、富田は再びサーキットに足を踏み入れた。それも、自身の名前の由来になった鈴鹿サーキットに、生まれて初めて。

「本当に広くて、広くて……びっくりしました。やっぱりサーキットは行ってこそだなと思いました」

 しかも富田は、最終戦の決勝日に“スタートコマンド”という大役を任された。スタートコマンドはアメリカのインディ500マイルレースなどでお馴染みとなっているもので、『スタート、ユア・エンジン!』の掛け声と共に、スターティンググリッドに整列した全車が一斉にエンジンをかける迫力の瞬間だ。

 富田は相当緊張していたようだが、無事大役をやり遂げたことで、またひとつ決意を新たにしたという。

「めちゃくちゃ緊張しました。今日も中嶋(悟)監督だったり色んな方にインタビューさせていただいたり、朝から緊張しっぱなしで……合計で4回くらいはドドドド緊張する場面があったので、頭がこんがらがってしまいました……(笑)」

 

Photo by: JRP

「でも(スタートコマンドで)エンジンがかかった瞬間は……だんだんとモータースポーツで大きな役割をいただけることへの嬉しさを感じましたし、そういったものを背負って私も頑張りたいと思いました」

 富田がスーパーフォーミュラに携わるようになって約半年。その短期間で彼女は、モータースポーツの知識もかなり身についたという。

「私自身、初心者目線で説明しないといけない部分もあったり、スーパーフォーミュラを知らない人にも好きになってもらいたいという気持ちもありながら、そんな中で自分の知識がどんどん増えていくことへの葛藤もあります……(笑)」

「ただ知らないことを知っている状態になるのが楽しくて……でもまだまだ知らないことがたくさんあるんですよ! とどまることのないくらい、無限に」

 例えば富田は、モータースポーツ好きの母と共に『鈴花ノート』なるものを作成している。そこにはスーパーフォーミュラに参戦するドライバーの基本情報や、取材によって得た豆知識などがカラフルなデコレーションと共に記されている。

 他にも、番組ロケで『グランツーリスモ』をシミュレータで体験したことに感化され、グランツーリスモとハンドルコントローラーを自ら購入。同タイトルではお馴染みの『ライセンス』モードを悪戦苦闘しながら進めるというハマりっぷりだ。またグランツーリスモで鈴鹿を“予習”して取材に臨んだことで、オーバーテイクポイントなども理解した上でレースを見ることができたという。

 またスーパーフォーミュラに限らず、スーパーGTやF1の中継を見るようになったという富田。その熱の入りように筆者も思わず「本当に熱心ですね」と呟いたが、彼女は間髪入れずにこう返した。

「いや、熱心というか、本当にどハマりしてしまって!」

「はたから見たら、真面目に取り組んでいるって思ってくださる方も多いかもしれませんが……私はこんなに好きなものが人生で見つかると思っていませんでした。これは母から続くものですが、本当に運命的な出会いと言いますか……」

 自身にとって本当に大きな1年、半年だったと話す富田。今後に向けては次のように意気込んだ。

 

Photo by: JRP

「鈴花という名前が鈴鹿サーキットに由来していると言いながらも、21歳になるまでモータースポーツのことをこんなにも知らなかったんだという悔しさもあります」

「モータースポーツは、きっとこれから先もずっと続いていくスポーツだと思います。未来に向けて皆さん開発を頑張っていらっしゃって、工場をロケで見学する機会もありました。レースそのものだけではなく、その裏側で携わってくださっている方にスポットを当てたロケやインタビューをしたいですし、スーパーフォーミュラをこれからももっともっと広められるように尽力していきたいです」

 なお、12月10日(土)には『GO ON! NEXT〜サーキットで会いましょう〜』の第4回がBSフジにて深夜26時から放送予定。富田の鈴鹿取材の裏側に迫る内容となっている。

 
関連ニュース:
シェア
コメント

宮田莉朋がトップタイム。太田格之進が5番手でルーキー最上位|スーパーフォーミュラ合同/ルーキーテスト:2日目午前タイム結果

NAKAJIMA RACINGの佐藤蓮がトップ。総合タイムでも首位に|スーパーフォーミュラ合同/ルーキーテスト:2日目午後タイム結果

最新ニュース

開催カレンダーにバラエティ性を持たせづらい国内カテゴリー。海外戦、復活させませんか?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記

開催カレンダーにバラエティ性を持たせづらい国内カテゴリー。海外戦、復活させませんか?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記

SGT スーパーGT

開催カレンダーにバラエティ性を持たせづらい国内カテゴリー。海外戦、復活させませんか?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記 開催カレンダーにバラエティ性を持たせづらい国内カテゴリー。海外戦、復活させませんか?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記

1輪失っても抜いてやる……! フェネストラズ、接触覚悟で掴んだフォーミュラE初ポイント。低調な序盤も日産に回復の兆し

1輪失っても抜いてやる……! フェネストラズ、接触覚悟で掴んだフォーミュラE初ポイント。低調な序盤も日産に回復の兆し

FE フォーミュラE

1輪失っても抜いてやる……! フェネストラズ、接触覚悟で掴んだフォーミュラE初ポイント。低調な序盤も日産に回復の兆し 1輪失っても抜いてやる……! フェネストラズ、接触覚悟で掴んだフォーミュラE初ポイント。低調な序盤も日産に回復の兆し

2022年WRCラリー・ジャパンを制したヒョンデi20 N Rally1が大阪オートメッセに展示決定。ブース訪問でプレゼントも!

2022年WRCラリー・ジャパンを制したヒョンデi20 N Rally1が大阪オートメッセに展示決定。ブース訪問でプレゼントも!

Misc General

2022年WRCラリー・ジャパンを制したヒョンデi20 N Rally1が大阪オートメッセに展示決定。ブース訪問でプレゼントも! 2022年WRCラリー・ジャパンを制したヒョンデi20 N Rally1が大阪オートメッセに展示決定。ブース訪問でプレゼントも!

MotoGPシェイクダウンテスト最終日はドゥカティのピッロがトップ。ヤマハにトップスピード改善の兆候

MotoGPシェイクダウンテスト最終日はドゥカティのピッロがトップ。ヤマハにトップスピード改善の兆候

MGP MotoGP

MotoGPシェイクダウンテスト最終日はドゥカティのピッロがトップ。ヤマハにトップスピード改善の兆候 MotoGPシェイクダウンテスト最終日はドゥカティのピッロがトップ。ヤマハにトップスピード改善の兆候