スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿:土曜フリー走行のトップタイムは王者野尻。上位17台が1秒差以内の僅差

スーパーフォーミュラ第7戦(最終戦)鈴鹿の土曜フリー走行が行なわれ、野尻智紀がトップタイムを記録した。

スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿:土曜フリー走行のトップタイムは王者野尻。上位17台が1秒差以内の僅差

 2021年スーパーフォーミュラ第7戦(最終戦)の土曜フリー走行が鈴鹿サーキットで行なわれた。トップタイムを記録したのは野尻智紀(TEAM MUGEN)で、タイムは1分37秒701だった。

 快晴の鈴鹿で8時50分にスタートした土曜フリー走行は大きな波乱もなく淡々とセッションが進んでいった。セッション前半に野尻が1分37秒701を記録してトップに立つと、セッション終盤には各車がアタックを行なったものの彼のタイムを上回る者が現れないまま、10時20分にチェッカーが振られた。

 参考までに、4月に鈴鹿で行なわれた第2戦の土曜フリー走行のトップタイムは、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGの福住仁嶺が記録した1分38秒115。今回の野尻のタイムはそれよりもコンマ4秒ほど速いタイムであった。また、トップの野尻から17番手の坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)までのタイム差はわずか0.918秒と、午後に行なわれる予選の激戦を予感させるセッションとなった。

【スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿:土曜フリー走行タイム結果】

1. 野尻智紀(TEAM MUGEN)1'37.701
2. 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)1'37.832
3. 平川亮(carenex TEAM IMPUL)1'37.868
4. 牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'37.895
5. 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'37.909
6. 大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)1'37.998
7. 関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)1'38.102
8. 山下健太(KONDO RACING)1'38.139
9. 国本雄資(KCMG)1'38.139
10. 小高一斗(KCMG)1'38.223
11. 大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)1'38.298
12. 阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)1'38.319
13. ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)1'38.340
14. 松下信治(B-Max Racing Team)1'38.429
15. サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)1'38.480
16. 山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)1'38.551
17. 坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)1'38.619
18. 大嶋和也(NTT Communications ROOKIE)1'38.821
19. タチアナ・カルデロン(ThreeBond Drago CORSE)1'39.657

 
Read Also:

シェア
コメント
トップカテゴリーで飛躍のシーズン送る阪口晴南。その資質と課題を“名伯楽”田中耕太郎エンジニアが語る
前の記事

トップカテゴリーで飛躍のシーズン送る阪口晴南。その資質と課題を“名伯楽”田中耕太郎エンジニアが語る

次の記事

スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿予選速報:松下信治が初ポールポジション獲得!

スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿予選速報:松下信治が初ポールポジション獲得!
コメントを読み込む