スーパーフォーミュラ、12月7日〜9日に合同&ルーキーテスト開催。最終日はルーキー限定のセッションに

スーパーフォーミュラは、12月7日〜9日にかけて合同テスト&ルーキーテストを開催する。

スーパーフォーミュラ、12月7日〜9日に合同&ルーキーテスト開催。最終日はルーキー限定のセッションに

 全7戦で競われた2021年のスーパーフォーミュラは、10月31日の鈴鹿戦をもって閉幕。新プロジェクト『SUPER FORMULA NEXT 50』も発表され、“次の50年”に向けて動き出そうとしている。そんな中、12月には恒例の合同テスト&ルーキーテストが鈴鹿サーキットで開催されることとなった。

 開催されるのは12月7日(火)から9日(木)にかけての3日間。7日、8日は合同テストとして開催され、最終日の9日は決勝レース出走回数が4戦未満のドライバーを対象としたルーキー限定のテストセッションが実施される。

 なお、今季代役としてスーパーフォーミュラにデビューしたジュリアーノ・アレジや小高一斗は既に4戦以上に出走しているため、このルーキードライバーの条件は満たさない。ルーキーテストはかなりフレッシュな顔ぶれとなることが予想される。

 一方で合同テストのラインアップに関しては、それがそのまま来季のドライバーラインアップとなるケースも少なくないため、要注目。エントリーリストの発表が待たれる。

 
Read Also:

シェア
コメント
山本尚貴、スーパーフォーミュラ最終戦は予選Q1敗退も意地の追い上げで9位。ベストリザルト更新ならずも“今年一番”の手応え
前の記事

山本尚貴、スーパーフォーミュラ最終戦は予選Q1敗退も意地の追い上げで9位。ベストリザルト更新ならずも“今年一番”の手応え

次の記事

星野一義、日本モータースポーツ界“次の50年”を憂う「発展してほしいけど今のままでは無理! もっとレースを認めてほしい」

星野一義、日本モータースポーツ界“次の50年”を憂う「発展してほしいけど今のままでは無理! もっとレースを認めてほしい」
コメントを読み込む