スーパーGT
10 4月
-
12 4月
次のセッションまで……
21 days
03 5月
-
04 5月
次のセッションまで……
44 days
29 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
70 days
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
105 days
R
17 7月
-
18 7月
次のセッションまで……
119 days
11 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
175 days
R
オートポリス
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
217 days
R
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
231 days

「毎回のアップデートが面白かった!」GT500王者の山下健太を育てた25号車MCの魅力とは

シェア
コメント
「毎回のアップデートが面白かった!」GT500王者の山下健太を育てた25号車MCの魅力とは
執筆:
2019/12/27 9:00

2019シーズンいっぱいでスーパーGTの舞台から姿を消すことになったつちやエンジニアリングの25号車マザーシャシー。このマシンに携わり、苦楽を共にしてきたドライバーたちが“マザーシャシー”について語る。

 つちやエンジニアリングの代名詞的存在だった86マザーシャシーが今季いっぱいで参戦を終了することになった。チームオーナーの土屋武士氏が「若い職人」を育てることを目的に長年使い続けてきたマザーシャシー。それは同時に、チームに携わったドライバーたちを成長させるマシンでもあった。2019年のスーパーGT(GT500)チャンピオンである山下健太もそのひとりだ。

【連載】25号車マザーシャシーで成長したドライバーたち:(3)近藤翼

 山下は2017年に、当時のVivac Team TSUCHIYAの一員として25号車マザーシャシーをドライブ。第3戦オートポリスでの優勝を皮切りに、シーズン中盤では特に予選で驚異的な走りを披露した。その活躍が評価され、翌2018年にはGT500クラスへステップアップ。2019年に悲願のタイトルを獲得した。

 改めて、このマシンに対する印象や思い出を訊くと、他のドライバーと同様に山下はマザーシャシーの印象について“コーナリングでの速さ”を挙げた。

「マザーシャシーはコーナーが抜群に速いというのが一番印象に残っています。特に新品タイヤを履いて燃料も軽い時の軽快な動きは、GT3にはないものですね。乗りやすくて速いクルマでしたね」

 マザーシャシーの場合はGT3車両とは違い、マシンの独自開発がある程度は許されている。特につちやエンジニアリングは2016年から2017年にかけて細かなアップデートを毎戦のように行なっていたが、そういったプロセスが山下にとっても“パフォーマンスの変化を感じ取る”良い機会になったという。

「やっぱりあのチームは武士さんと春雄さんが色々考えて、空力のアップデートとかが毎回のように行なわれていたました。ちょっと空力パーツを変えただけでも変化が出ているのが分かりましたね。だから、シーズンの最初と最後では戦闘力が全然変わっていて、かなり上がっていました」

 細かなパーツを付け加えるだけでマシンがどう変化していくのか……最初は山下自身も半信半疑の部分があったようだが、効果があることを実感すると、アップデートの導入が次第に彼の中で楽しみのひとつとなっていたようだ。

「ある日、武士さんがサイドステップのところに小さなパーツをくっつけてきて、最初は正直『こんなので(パフォーマンスは)変わらないだろう!』と思っていたんですけど……いざ乗ってみたら、コーナーでめちゃくちゃグリップしたり、富士のストレートが急に速くなったりしました。走るたびにパフォーマンスが変わっていって、結構面白かったですし、次第にやりがいを感じるようになりました」

 こうした空力アップデートでの変化だけでなく、ドライバー経験も豊富な土屋武士“エンジニア”とともにレースを戦ったことで、山下はセッティングの出し方やタイヤに関する知識も構築できたという。

「武士さんが、クルマに色々手を加えているのを見て『ここをイジるとこんな感じで(動きが)変わるんだ』ということを学ぶことができました。セッティングの出し方についても色々勉強になりました。武士さんは(セッティングに関して)すごく細かいので、例えば乗っていて『こういうふうに感じた時に、ここを変えるとクルマの動きが良くなる』といったことをドライバー経験が豊富な武士さんから聞けるのは、良い経験になりました。そこで教わったことは今でも役に立っています」

「あと僕はあのチームで初めてタイヤテストを担当したんですけど、そこでタイヤの基礎の部分を勉強することができました。それこそ構造がどうなっているという話から、コンパウンドの違い、それに対しての判断基準はどうなのか、それらを学ぶことができました。本当に自分を成長させてくれたクルマでしたね」

連載 第5回『松井孝允』へ続く……

Read Also:

#25 VivaC 86 MC(2017年)

#25 VivaC 86 MC(2017年)

Photo by: Takahiro Masuda

次の記事
25号車MCでの“わずかな経験”が今も活きる……近藤翼「メンタル面を鍛えられた」

前の記事

25号車MCでの“わずかな経験”が今も活きる……近藤翼「メンタル面を鍛えられた」

次の記事

平峰一貴がニッサンのGT500候補に浮上? 動きが絶えない2020ストーブリーグ

平峰一貴がニッサンのGT500候補に浮上? 動きが絶えない2020ストーブリーグ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
ドライバー 山下 健太
執筆者 吉田知弘