良好なバランスに、クインタレッリ”驚き”「タイトル争う相手より前にいられるなんて!」

#23 MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリは、スーパーGT第7戦もてぎの予選で、4番手を獲得できたことについて、非常に驚いたと語った。

良好なバランスに、クインタレッリ”驚き”「タイトル争う相手より前にいられるなんて!」

 ツインリンクもてぎで行なわれている、2020年のスーパーGT第7戦。その予選で、松田次生/ロニー・クインタレッリ組の#23 MOTUL AUTECH GT-Rは、4番グリッドを獲得した。

Read Also:

 前戦鈴鹿では、GT500クラス最後尾からスタートした23号車だったが、セーフティカーのタイミングにも助けられ、見事優勝。劇的な大逆転劇を演じた。この勝利の結果、ランキングではトップと僅差のランキング3番手に。タイトル獲得の可能性を高め、今季残り2戦に挑んでいる。

 そんな中で今回のもてぎ戦の予選では、クインタレッリが素晴らしいアタックを決めて4番手。バランスは素晴らしかったと、驚きを語った。

「完璧なアタックではありませんでした。ターン1でロックしてしまいましたし、S字も完璧ではなかったです。でも、1周しかチャンスがなかったので、プッシュを続けました」

 クインタレッリは予選後にそう語った。

「4番手は良い結果だと思います。チャンピオンシップで戦っているマシンよりも前にいますから。でも、ここもてぎではいつもポールポジションを狙っていますから、満足はできませんね。僕は自分自身に厳しいですから」

 通常、もてぎでのレースはシーズン最終戦として行なわれる。つまり、ウエイトハンデがゼロに戻されての戦い……ということになるわけだ。しかし今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、もてぎを終えてもあと1戦残っている。ウエイトハンデも、前戦の条件からは半減されたものの、23号車は45kgを搭載して臨んでいる。

「普段ならここには、ウエイトハンデなしでやってきます。そういう状況で、マシンのバランスが取れていました。でも今年は45kgのウエイトハンデが残っています。ですから、昨年のようなフィーリングではないし、それほど機敏にマシンが動かないだろうと思っていました。でもドライブしてみると、非常にバランスが良かったんです。正直、びっくりしました」

 では決勝に向けた期待はどうか? そう尋ねると、クインタレッリは次のように語った。

「十分なロングランを行なうための時間はありませんでした。このタイヤを使うのは、初めてです。だから情報はあまりなく、あくまで予測だけなんです」

 タイトル争いに向け、今週末には表彰台を獲得したいと、クインタレッリは語った。ただその一方で、最終戦の舞台である富士スピードウェイでも、強力なパフォーマンスを発揮できるのではないかと考えているようだ。

「僕らのマシンには、富士よりももてぎの方が合っていると思います。でも、前回富士に行った時よりも、かなり良くなっているとは思います」

 そうクインタレッリは語った。

「改善が見られてよかったです。良い感じで回復できていると思いますし、ファンにとっても良いことだと思います。特に鈴鹿で勝った後は、ファンのみなさんが喜んでくれたと思いますし、夢を見始めてくれたようです。夢を持ち続けるのは、素晴らしいことですよ」

Read Also:

シェア
コメント
17号車KEIHINのバケット、決勝での逆襲誓う「”最大限のリスク”を背負って攻める」

前の記事

17号車KEIHINのバケット、決勝での逆襲誓う「”最大限のリスク”を背負って攻める」

次の記事

スーパーGT第7戦もてぎ|決勝順位速報:ホンダがトップ5独占! 優勝は8号車ARTA

スーパーGT第7戦もてぎ|決勝順位速報:ホンダがトップ5独占! 優勝は8号車ARTA
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第7戦 もてぎ
ドライバー ロニー クインタレッリ
チーム NISMO
執筆者 Jamie Klein