スーパーGT第6戦オートポリス決勝レポート(GT300):31号車プリウスが独走でポール・トゥ・ウィン

スーパーGT第6戦の決勝がオートポリスで行なわれ、31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTがGT300クラスの優勝を飾った。

スーパーGT第6戦オートポリス決勝レポート(GT300):31号車プリウスが独走でポール・トゥ・ウィン

 2021年スーパーGTシリーズ第6戦の決勝レースが10月24日にオートポリスにおいて行なわれ、GT300クラスは31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(嵯峨宏紀/中山友貴)が独走でポール・トゥ・フィニッシュを飾った

 24日は朝から明るい曇天で風はあるが前日ほどの冷たさはなく、雨の心配もなさそうな天気となった。気温14℃、路面温度19℃の13時36分、決勝レースがスタート。予選19番手の4号車グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)はミッショントラブルのために直前に行なわれたウォームアップ走行に出走できずピットスタートとなった。

 スタート直後は大きな混乱もなく、ポールスタートの31号車プリウスの中山、フロントロウスタートの61号車SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)の山内、3番手からスタートした52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)の川合の3台がトップ争いを展開した。

 しかし8周目の第2ヘアピン手前で22号車アールキューズ AMG GT3(和田久/城内政樹)の和田が激しくクラッシュ。すぐにFCY(フルコースイエロー)となったが、パーツが散乱していたことからセーフティカー(SC)が導入された。

 11周で隊列が組みなおされ、15周完了でリスタートとなったが、18周目の3コーナーで35号車arto RC F GT3(ショーン・ウォーキンショー/ジュリアーノ・アレジ)のウォーキンショーと48号車植毛ケーズフロンティア GT-R(田中優暉/内田優大)の内田がサイド・バイ・サイドから接触。内田がスピンを喫し激しくクラッシュした。これでこの日2度目のSC導入となった。

 23周完了でリスタートとなったが、ここで義務周回数の1/3を超えたことからルーティーンピットインする車両が9台ほどあった。上位では52号車スープラが24周でピットイン。トップの31号車プリウスは29周、61号車BRZは30周でピットイン。しかし61号車はピットアウトした直後に31号車プリウスに抜き去られ、さらに5番手スタートの96号車K-tunes RC F GT3(新田守男/阪口晴南)にもかわされ実質的な3番手に転落した。

 40周目にピットインを遅らせていた11号車GAINER TANAX GT-R(平中克幸/安田裕信)がピットインすると、31号車プリウスの嵯峨がトップに。そして2番手の96号車RC Fの阪口には13秒以上の差をつけていた。3番手は61号車BRZの井口だが、ここに52号車スープラの吉田が追いつき、48周目の第2ヘアピンでは接触するなど激しい表彰台争いを展開。さらに終盤にはそこへ11号車GT-Rの平中が追いつき、3台による3番手争いとなったが、最終的に順位が変わることはなかった。

 31号車プリウスは2位に10秒以上の差をつける独走でポール・トゥ・フィニッシュ。2016年第4戦もてぎ以来5年ぶりの優勝を遂げた。2位は96号車RC F、3位でゴールした61号車BRZはポイントリーダーを守った。

 

Read Also:

シェア
コメント
【スーパーGT】勝てる自信しかなかった……ホイール脱落でリタイアの16号車大湯、コースサイドで悔しさあらわ
前の記事

【スーパーGT】勝てる自信しかなかった……ホイール脱落でリタイアの16号車大湯、コースサイドで悔しさあらわ

次の記事

スーパーGT第6戦オートポリス決勝レポート(GT500):荒れたレースでARTA NSXが独走。今季初優勝挙げる

スーパーGT第6戦オートポリス決勝レポート(GT500):荒れたレースでARTA NSXが独走。今季初優勝挙げる
コメントを読み込む