【スーパーGT】今季無得点だった31号車プリウスが鮮やかポールトゥウィン。「好調の理由をしっかり見つけたい」と嵯峨宏紀

スーパーGT第6戦のGT300クラスで勝利を収めた31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTの嵯峨宏紀は、今後のレースに向けて好調の理由をしっかり洗い出したいと語った。

【スーパーGT】今季無得点だった31号車プリウスが鮮やかポールトゥウィン。「好調の理由をしっかり見つけたい」と嵯峨宏紀

 オートポリスで行なわれたスーパーGT第6戦でGT300クラスを制したのは、ポールポジションスタートの31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT。今季ここまで5戦で入賞に届かず苦戦していた31号車だったが、オートポリス戦に向けての事前テストで回生ブレーキなどの問題を修正。それが功を奏し、見事ポールトゥウィンを飾った。

 aprとして、そして自身としての久々の優勝を記録した嵯峨宏紀は、決勝後の記者会見で次のように語った。

「プリウスがPHVに変わってからは結果が出せず、開発を任されている身として忸怩たる思いがありました。こうやって勝つことができ、ホッとしています」

「兄弟車のスープラが猛威を振るっている中でPHVだけ置いていかれている感がありましたが、最高の結果を残すことができました。皆さんに感謝してもしきれません」

 前述の通り、31号車は事前テストを実施したことで、回生ブレーキをはじめとする様々な面で開発を進めることができた。嵯峨曰くプリウスは他の車両よりも開発が必要な箇所が多いため、このテストは非常に大きかったと強調した。

 無得点が続いていたものの、ようやく突破口を見出せた感のある31号車。嵯峨は今回好調だった理由をしっかり分析することが今後に向けて非常に重要だと語って会見を締めくくった。

「せっかく良い流れを作れたので、なぜ今回良かったのかの理由を検証したいです。そうしないとまた今までの状態にすぐ戻ってしまうと思うので、しっかりとミーティングをし、もてぎに向けて良い準備をして悔いのないレースがしたいです」

 

Read Also:

シェア
コメント
スーパーGT第6戦オートポリス決勝レポート(GT500):荒れたレースでARTA NSXが独走。今季初優勝挙げる
前の記事

スーパーGT第6戦オートポリス決勝レポート(GT500):荒れたレースでARTA NSXが独走。今季初優勝挙げる

次の記事

【スーパーGT】8号車ARTA、ついに手にした今季初優勝。SF王者野尻が“覚悟と責任”を持ってチームを牽引

【スーパーGT】8号車ARTA、ついに手にした今季初優勝。SF王者野尻が“覚悟と責任”を持ってチームを牽引
コメントを読み込む