【スーパーGT】トップ快走から一転、ペナルティ絡みで大きく順位落とした8号車ARTA。複雑な状況下で誤解生じ大混乱

スーパーGT第5戦SUGOでトップを快走するも、複数回のペナルティを受けて順位を落とした8号車ARTA NSX-GT。ピットウォールでは混乱が生じ、いくつかの誤解が起きていたようだ。

【スーパーGT】トップ快走から一転、ペナルティ絡みで大きく順位落とした8号車ARTA。複雑な状況下で誤解生じ大混乱

 スーパーGT第5戦SUGO決勝をポールポジションからスタートした8号車ARTA NSX-GTは、レース中盤まで首位の座をキープ。今季初勝利に向かって順調に走行を続けていた。

 しかし、83周のレースが折り返しを過ぎた頃、8号車にピット作業違反によるドライブスルーペナルティが出された。そんな中、47周目には19号車WedsSport ADVAN GR Supraの車両火災によってセーフティカーが出され、ピットレーンがクローズに。8号車を駆る福住仁嶺はピットレーンクローズが解除された後、53周終了時にセーフティカー先導中ながらドライブスルーを実施したが、その後何周も連続でピットレーンをスルーする8号車の姿が確認されていた。

 さらに8号車にはその後、53周終了時に行なったドライブスルー時にピットレーン出口の赤信号を無視したとして、10秒のストップ&ゴーペナルティが科されてしまった。

 まさに踏んだり蹴ったりのレースとなった8号車。チーフエンジニアを務めるライアン・ディングルが当時の状況を語った。

「最初のドライブスルーペナルティに関してはピット作業違反によるものだった。左フロントを交換するクルーが外したタイヤが、地面に並行に接地していなかったんだ。タイヤを交換する時には、外されたタイヤが地面に並行に接地している必要がある」

「その結果ドライブスルーペナルティを科された。そして、それに抗議している間にセーフティカーが出てしまった」

「レースディレクターは、ピットレーンがクローズとなっている間はペナルティを消化できないと明言していた。ただ、ピットレーンクローズが解除された時、ここで入った場合にペナルティを消化できるのかについて、チーム内で混乱が生じた。いずれにせよドタバタしている状況だったので、僕たちはとりあえず試してみることにした」

「その後ピット出口の信号が赤になったが、僕たちはそれを(無視して)通過してしまった。それにより、後にふたつ目のペナルティが科された。しかも、この1回目のドライブスルーはセーフティカー中のため、結果的にペナルティ消化にはならなかった」

 このように、1回目のドライブスルーがペナルティ消化とみなされなかっただけでなく、その際の信号無視でさらなる規則違反を犯してしまった8号車。つまりこの時点で彼らは、再度ドライブスルーをしなければいけなくなっただけでなく、信号無視でも何らかのペナルティが予想される状態に陥った。

 そんな複雑な状況の中、ディングルとレースディレクターの間でさらに誤解が生じることになる。

「そこには僕の誤解があった」

「レースディレクターは(日本語で)『これから2周ドライブスルーしないといけない』と言っていた。僕はそれが『“今から”ドライブスルーを2度しなければいけない』ということだと解釈したんだ。彼が“これから”と言っていたので、最初のドライブスルーは(2周ドライブスルーの1周目に)カウントされていないと思っていた」

「つまり僕は(信号無視による)2度目のペナルティも、その“2周ドライブスルー”に含まれていると思っていたんだ」

「しかし、そのペナルティはまだ発表されていなかった。結局、僕たちは意味のないピットスルーを追加でしてしまったんだ」

 様々な事象が重なり、慌ただしいピットワークとなってしまった8号車。今季ここまで幾度となく速さを見せながらも、今季初勝利はまたもお預けとなってしまった。

 

Read Also:

シェア
コメント
【スーパーGT】12号車カルソニックが今季初勝利! 第5戦SUGO|決勝速報
前の記事

【スーパーGT】12号車カルソニックが今季初勝利! 第5戦SUGO|決勝速報

次の記事

スーパーGT第5戦SUGO決勝レポート(GT300):61号車BRZが3年ぶりの優勝、新型BRZでの初優勝を遂げる

スーパーGT第5戦SUGO決勝レポート(GT300):61号車BRZが3年ぶりの優勝、新型BRZでの初優勝を遂げる
コメントを読み込む