【スーパーGT】LEON RACING、2022年参戦体制を発表。篠原拓朗が蒲生尚弥の新パートナーに

K2 R&D LEON RACINGは、2022年シーズンの参戦体制を発表。蒲生尚弥と篠原拓朗を起用することを明らかにした。

【スーパーGT】LEON RACING、2022年参戦体制を発表。篠原拓朗が蒲生尚弥の新パートナーに

 スーパーGTのGT300クラスに参戦するK2 R&D LEON RACINGが、2022年シーズンの参戦体制を12月21日(火)に発表した。

 2018年にシリーズタイトルを獲得、その後も上位チームの一角として活躍を続けているK2 R&D LEON RACING。2018年にドライバーとして王座を経験した黒澤治樹監督の下、2022年もMercedes-AMG GT3でGT300を戦う。タイヤメーカーも変わらずブリヂストンとなっている。

 ドライバーに関しては、チームに長年在籍する蒲生尚弥が残留。そのチームメイトには、2021年に21号車Hitotsuyama Audi R8 LMSをドライブした篠原拓朗が加わることとなった。

 以下は監督とドライバーのコメントだ。

黒澤治樹監督

「2021年度は最初と最後の結果は良かったですが、中盤戦では苦しい戦いが続きました。2022年度はシーズン半ばでも強い戦いをし、確実にチャンピオンシップでのポイントを積み重ねて行きたいです」

「また新しいドライバー篠原拓朗選手が加わり、大変期待しております。蒲生尚弥選手は成熟して、速さも経験もあります。エース蒲生選手を中心に、長年のパートナーであるブリヂストン様と共に更なるタイヤ開発も進め、最終目標のチャンピオン獲得を目指して、頑張りますのでご声援宜しくお願いいたします!」

蒲生尚弥

「2022年度も優勝とシリーズチャンピオンを目指して、チーム一丸となって挑みたいと思います。また新しいチームメイトの篠原選手と切磋琢磨しながら頑張りたいと思います。応援よろしくお願い致します」

篠原拓朗

「2022年、K2 R&D LEON RACINGに加入させて頂ける事になり本当に感謝しております。黒澤監督・蒲生選手から沢山の事を学び、シリーズチャンピオンを目指します。この素晴らしいチーム体制でレースが出来る事が非常に楽しみですし、このチームの一員になれた事が本当に嬉しいです。応援よろしくお願いいたします」

 
Read Also:

シェア
コメント
鈴木亜久里、公道レース実現への”期待度”をRed Bull Race Dayに集まった観客の数で実感「これをアピールしていかねば」
前の記事

鈴木亜久里、公道レース実現への”期待度”をRed Bull Race Dayに集まった観客の数で実感「これをアピールしていかねば」

次の記事

【訃報】23号車NISMO監督、鈴木豊氏亡くなる。享年56歳

【訃報】23号車NISMO監督、鈴木豊氏亡くなる。享年56歳
コメントを読み込む