F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
イベント 進行中 . . .
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
33 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
20 days

ポルシェのLMDh参入はある? ロッテラー&ジャニ「大いに期待」

シェア
コメント
ポルシェのLMDh参入はある? ロッテラー&ジャニ「大いに期待」
執筆:
2020/05/19 3:46

ポルシェのドライバーであるアンドレ・ロッテラーとニール・ジャニは、WECとIMSAに共通規格”LMDh”が導入されるにあたり、ポルシェがスポーツカーレースの最高峰クラスに復帰することを期待している。

 1月のデイトナ24時間の際に発表された新カテゴリー”LMDh”クラス。これは2022年からIMSAのトップカテゴリーであるDPiにとって変わり、さらにWEC(世界耐久選手権)でLMHクラスと共に最高峰クラスとなる。

 先週、レギュレーションの詳細が明らかにされ、その後LMDhレギュレーションに適合するようにLMHクラスのレギュレーションが修正されることが明らかになった。

 ポルシェのファクトリー・モータースポーツのトップであるパスカル・ズーリンデンは、ポルシェがこの新カテゴリーに参戦することを検討すると示唆しており、ポルシェ・モータースポーツの副社長であるフリッツ・エンツィンガーは、調査を始めたことを認めている。

 かつてポルシェからWECに参戦し、今では同社のフォーミュラEマシンを走らせているアンドレ・ロッテラーとニール・ジャニは、ポルシェが再びル・マンに挑むことができる可能性が生まれるのは、とても魅力的であると認める。

「僕は間違いなく、それを受け入れるだろう」

 ロッテラーはmotorsport.comに対してそう語った。

「(ポルシェのLMDhマシンが)実現することを本当に願っている。話はしているけど、誰も詳しいことは知らない」

「他の計画について考える前に、まだやらなければいけないことがたくさんある。でも、僕や僕のキャリアのことを知っている人なら、僕がそれをやりたいということを知っているだろうね。ル・マンでは、まだポルシェとは成し遂げられていない仕事が少しあるんだ」

 ロッテラーはアウディ在籍時に3度ル・マン24時間を制しているが、ポルシェのマシンではまだ勝っていないのだ。

 一方、ジャニもmotorsport.comに対して次のように語っている。

「ポルシェの決断がどうなるのかは分からない。でも彼らが出てくるなら、僕は間違いなくその一員になりたいね。それは間違いない」

「僕はいつもル・マンに戻り、競争力を付けたいと思ってきた。最後の2回(レベリオンでの参戦)では、勝つチャンスがないことはわかっていた。でもその前には間違いなく常に勝つチャンスがあり、全てのモノがテーブルの上に揃っていた。1年の中でも僕の好きな時期だったよ」

Read Also:

次の記事
バイコレス、WECスパとル・マン参戦に向けニュルでテスト実施

前の記事

バイコレス、WECスパとル・マン参戦に向けニュルでテスト実施

次の記事

アストンマーチン、CEO退任を正式発表。現メルセデスAMGのCEOが後任に

アストンマーチン、CEO退任を正式発表。現メルセデスAMGのCEOが後任に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC , IMSA
ドライバー アンドレ ロッテラー , ニール ジャニ
チーム ポルシェ・チーム 発売中
執筆者 Jamie Klein