トヨタWRC、2021年マシンのテストを早くも開始。GRヤリスがベース

トヨタは、GRヤリスをベースとした2021年のWRCマシンのテストを早くも開始したようだ。

トヨタWRC、2021年マシンのテストを早くも開始。GRヤリスがベース

 TOYOTA GAZOO Racing ワールドラリーチーム(WRT)は、2月7日(金)に動画を公開。トヨタお馴染みのダズル迷彩が施された、『2021年に向けてデザインされたヤリスWRC』がフィンランドの雪景色の中を疾走しているシーンが明らかにされた。ドライバーは開発を担当するユホ・ハンニネンだ。

 

 このベースとなっているマシンが、1月に東京オートサロンで公開されたGRヤリスだ。257bhpの3気筒エンジンを搭載し、新規開発の四輪駆動システムを搭載するなど、既存のホットハッチとは一線を画したものとなっている。

 TGR WRTの代表であるトミ・マキネンは、次のように述べた。

「我々は東京オートサロンでGRヤリスを公開した。世界中のトヨタドライバーが乗ることができる素晴らしいマシンとWRカーの機能を共有したかった」

「我々は、市販車用に開発したマシンと可能な限り類似したクルマでラリーステージを戦いたい」

 開発ドライバーのハンニネンは、トヨタがWRCに復帰した2017年にヤリスWRCの初期テストを担当。その年はレギュラーとしてもシーズンを戦った。

Read Also:

シェア
コメント
トヨタの若手育成システムが再編、最終的にWECやWRCを目指すプログラムに

前の記事

トヨタの若手育成システムが再編、最終的にWECやWRCを目指すプログラムに

次の記事

WRCスウェーデン:エバンスが快走。トヨタ勢が上位に並ぶ

WRCスウェーデン:エバンスが快走。トヨタ勢が上位に並ぶ
コメントを読み込む