苦戦続いたアルピーヌF1、ポルトガルGP初日は好調。オコン「戦える位置にいる!」と自信

アルピーヌのエステバン・オコンは、F1ポルトガルGPの金曜フリー走行での好調ぶりから、中団上位を争うことができる競争力を持っていると考えている。

苦戦続いたアルピーヌF1、ポルトガルGP初日は好調。オコン「戦える位置にいる!」と自信

 ルノーがチームの名称を変更する形で生まれたアルピーヌF1チームだが、シーズン最初の2レースでは中団争いを展開するマクラーレンやフェラーリ、アルファタウリに匹敵する競争力を発揮できず、2レースでわずか2ポイントしか獲得できていない。

 しかし第3戦ポルトガルGPのフリー走行2回目、アルピーヌはフェルナンド・アロンソが5番手、エステバン・オコンが6番手につけており、大きな前進を果たしたように見える。

Read Also:

 オコンも、このパフォーマンスに自信を感じたようで、中団争いのトップランナーたちに挑むことができると考えている。

「明日は接戦になると思う。タイムが接近しているところを見ると、みんなと激しい戦いになるだろう」

 そうオコンは語った。

「このコースは誰にとってもチャレンジングなところだ。昨年と比べてグリップは上がっているけど、それでもかなりトリッキーだ。かなり滑っているし、それとも戦うことになる。今日は十分に良かったけど、明日は接戦になるはずだ」

 アルピーヌは第2戦、および第3戦で新パーツを投入してパフォーマンスの向上を図っている。また、オコンはマシンに対する理解が進んでいると明かした。

「確かに、マシンのアップデートは進んでいる。そしてマシンに対する理解を深め、性能を最大限引き出そうとしているんだ」

「コンスタントにあちこちで小さな発見があるんだ。それはとてもポジティブなことだ。でもまだFP2だ。明日もそれをする必要がある」

 アロンソは、1日を通じてセットアップに大きな変更を施す必要がなかったと語り、ベースの状態から快適に機能していたと述べた。だが過去2戦と比べて、順位が大きく変わるかどうかは分からないという。

「もちろんまだ金曜日だけど、1周目から気持ちよく走れたし、すべてがうまくいっていたのでセットアップにはあまり手をつけなかった」

「明日どうなるか見てみなくちゃいけない。僕はイモラやバーレーンと比べて、ポジションはそれほど変わらないと思っている」

「勢力図に大きな変化があるとは思っていないんだ。いつもとは違う金曜日で、各チームのアプローチも違ったんだと思う。でもそうだね、明日もこのペースを維持できることを祈っている」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
ハミルトン、反人種差別訴える“SNSボイコット”に賛同。多くの現役F1ドライバーがそれに追随

前の記事

ハミルトン、反人種差別訴える“SNSボイコット”に賛同。多くの現役F1ドライバーがそれに追随

次の記事

角田裕毅、初体験のポルトガル初日「エンジニアとセットアップを分析し、予選で全力を尽くす」

角田裕毅、初体験のポルトガル初日「エンジニアとセットアップを分析し、予選で全力を尽くす」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ポルトガルGP
チーム Alpine
執筆者 Luke Smith