運も味方につけ、フェルスタッペン”1回目”の載冠「信じられない。ホンダもみんなも、チャンピオンに値する」

2021年のF1ワールドチャンピオンに輝いたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、運が良かったと認めつつも、チームもホンダもチャンピオンに値すると語った。

運も味方につけ、フェルスタッペン”1回目”の載冠「信じられない。ホンダもみんなも、チャンピオンに値する」

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが2021年のF1最終戦アブダビGPで優勝。初のF1ワールドチャンピオンに輝いた。

 まさに劇的な結末だった。

 タイトル争いのライバルであったルイス・ハミルトン(メルセデス)に先行された後は、フェルスタッペンはずっと苦しい戦いを強いられることになった。バーチャル・セーフティカー中にタイヤを交換したり、チームメイトのセルジオ・ペレスがハミルトンを押さえ込んだりとあらゆる手を尽くしても、ハミルトンを捕まえることができず、万事休すに見えた。

 しかしながらレース最終盤にドラマが待っていた。残り5周というところでウイリアムズのニコラス・ラティフィがクラッシュし、セーフティカーが出動。レッドブル勢はこのタイミングでピットインし、ソフトタイヤに履き替えた。一方のハミルトンは動くことができず、ステイアウトすることになった。

 そのハミルトンの真後ろにフェルスタッペンが追いついた状態で、残り1周でレース再開。使い古したタイヤでハミルトンはなんとか防戦したが、フェルスタッペンがオーバーテイク! そのままチェッカーまで駆け抜け、優勝した。そしてその瞬間、フェルスタッペンが自身初のF1ワールドチャンピオン獲得を決めた。

「信じられないよ。レース中、ずっと戦い続けた。そして最終ラップに、そのチャンスが訪れた。信じられないよ」

 フェルスタッペンはレース後にインタビューでそう語った。

「何て言えばいいか分からない。チームのスタッフも、そして僕のチームも、それからもちろん、ホンダもチャンピオンに値する。みんなをとても愛しているよ。そして2016年以来、チームのみんなと働くのを本当に楽しんできた。でも今年は信じられないほどのモノだった」

 フェルスタッペンは、運が良かったと語ると共に、絶大なサポートをしたペレスに対する感謝の言葉も口にした。

「最後は、僕にとって少し運がよかった。本当に信じられない。またチェコ(ペレスの愛称)にも心から感謝している。彼も気持ちを前面に押し出して走った。素晴らしいチームワークだったし、彼は素晴らしいチームメイトだ」

「僕のチームの皆は、僕が彼らのことを愛していることを知っていると思う。そして、今後10年も15年も一緒に働けることを願っている。これまで、何かを変える必要があるとは思わない」

「僕はとても幸せた。2016年に、僕を信頼してチームに迎え入れてくれたクリスチャン(ホーナー/チーム代表)とヘルムート(マルコ/レッドブルのモータースポーツ・アドバイザー)にも感謝したい。僕らの目標は、このチャンピオンシップに勝つことだったんだ。そしてそれをやり遂げた」

 
Read Also:

シェア
コメント
まさかの敗北喫したメルセデス、アブダビGP最終周のリスタートめぐり2件の抗議提出
前の記事

まさかの敗北喫したメルセデス、アブダビGP最終周のリスタートめぐり2件の抗議提出

コメントを読み込む