ハースF1、ロシア軍のウクライナ侵攻を受け、テスト最終日は真っ白なカラーリングで走行へ

ハースF1チームは、ロシア軍がウクライナに侵攻したことを受け、カタルニア・サーキットで行なわれているF1プレシーズンテストの最終日は、ウラルカリのブランドやカラーリングを排除した真っ白なカラーリングで走る予定だ。

ハースF1、ロシア軍のウクライナ侵攻を受け、テスト最終日は真っ白なカラーリングで走行へ
Listen to this article

 ロシア軍が2月24日、ウクライナへの軍事作戦を開始し、世界中から非難の声が上がっている。これを受けてハースF1チームは同日夜に声明を発表。カタルニア・サーキットで行なわれているプレシーズンテスト最終日は、メインスポンサーであるロシア企業”ウラルカリ”のロゴ、そしてロシアを彷彿とさせる赤、白、青のカラーリングを廃し、真っ白なカラーリングのマシンで走ると明らかにした。

 ハースは声明で、次のように述べている。

「ハースF1チームは、2月25日(金)にカタルニア・サーキットで行なわれるテストの最終日、ウラルカリのブランドを省いた真っ白なカラーリングのVF-22を披露するつもりだ」

 なお同チームはアメリカ国籍のチームであり、ドライバーのひとりはロシア人のニキータ・マゼピンである。しかしマゼピンは、予定通り金曜日午前中のセッションを走行する予定だという。

「ニキータ・マゼピンは午前中のセッションを予定通りドライブし、午後にはミック・シューマッハーが走行を引き継ぐ」

「現時点では、チームのパートナーシップ契約に関して、これ以上コメントすることはない」

 ハースはこのコメントを発表する際、ウラルカリのロゴを省いた、古いチームロゴを使った。またこの日の早い段階で、チームは予定されていたマゼピンとチーム代表のギュンター・シュタイナーのプレス会見をキャンセルしている。

 なお9月25日にはF1ロシアGPの開催が予定されているが、F1の首脳陣は木曜日の夜にカタルニア・サーキットでミーティングを開き、同グランプリの開催について話し合いを行なったようだ。

 
Read Also:
シェア
コメント
F1バルセロナテスト2日目:ルクレールがトップタイム。フェラーリが初日に続いて最多周回
前の記事

F1バルセロナテスト2日目:ルクレールがトップタイム。フェラーリが初日に続いて最多周回

次の記事

F1、ロシアのウクライナ侵攻に際して声明を発表「ロシアGPに向け、状況を注意深く見守っていく」

F1、ロシアのウクライナ侵攻に際して声明を発表「ロシアGPに向け、状況を注意深く見守っていく」