ガスリーとアルボンの入れ替えは”意味なし”。レッドブル代表が断言

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンをアルファタウリに降格させ、ピエール・ガスリーをレッドブルに昇格させるのは意味がないと考えているが、最終決定は年内に行なわれると語った。

ガスリーとアルボンの入れ替えは”意味なし”。レッドブル代表が断言

 先日行なわれたF1イタリアGPを制したのは、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーだった。この勝利により、ガスリーが来季レッドブルに再昇格し、アレクサンダー・アルボンが降格するのではないかとの噂話が、さらに熱を帯びて語られるようになった。

Read Also:

 ガスリーは2019年にレッドブルのドライバーに抜擢されたものの上位に進出することができず、12レースを終えた段階でトロロッソ(その後チーム名称が変更され、アルファタウリとなった)に降格させられてしまう。一方でアルボンはトロロッソからレッドブルに昇格することになった。

 このドライバーの入れ替えが行なわれたまま、2020年もシーズンが進行。その中で、今度はアルボンが苦戦し、ガスリーが印象的な活躍を見せ続けている。トロロッソ時代の2019年ブラジルGPでは、ガスリーが2位表彰台を獲得。そしてハイライトが、先日のイタリアGP勝利である。その間、アルボンはまだ表彰台を獲得できずにいる。

 勝利を果たした後、ガスリーは「レッドブルに戻る準備ができている」と語り、今シーズンの力強い結果が、「何らかの形で報われる」ことを望んでいると語った。

 ガスリーが再びレッドブルに昇格する可能性はあるのか? それについて尋ねられたチーム代表のクリスチャン・ホーナーは、その可能性を否定する。

「ピエールは素晴らしい仕事をした」

 ホーナーはイタリアGPの勝利を受け、ガスリーの働きぶりをそう評価した。

「トロロッソに戻ってから、彼は自分自身に自信を取り戻し、信じられないほど良いドライビングをしている。アルファタウリも彼と、素晴らしい仕事をしている。それが彼にとってうまくいっているのを見るのは良いことだ」

「レッドブル・レーシングのシートが確保されている限り、我々はアレクサンダー・アルボンのことに集中している。我々は彼に、そのシートをキープし続けるための、最適な機会を与えたいと思っている」

「ドライバーを元に戻すのは意味がない。アルファタウリは、今ではジュニアチームではなく、姉妹チームだ。フランツ(トスト/アルファタウリのチーム代表)は、ピエールの活躍に満足していると思う」

「最終決定は年内にも行なわれる予定だ。でも、ドライバーを入れ替えるべきだと、我々の方からプッシュするつもりはない」

「我々はRB16が抱えている問題に取り組みたいと思っている。我々はそれを理解し始め、対処し始め、修正を完了したところから改めてスタートするのだ」

 ホーナー代表は、アルファタウリがジュニアチームではなく、姉妹チームになったという発言についてさらに掘り下げて語った。アルファタウリの立場が変わった理由は、ふたつのレッドブルF1プロジェクト間の、相乗効果を期待したモノだという。

「彼らの強い願望は、トロロッソ時代のそれを大きく超えている」

 そうホーナー代表は語った。

「我々は、許されている範囲内で、相乗効果が期待できるプロジェクトを実施している。例えば風洞実験の共有が来年初めて行なわれる予定だ。これは財政的な観点から言っても、完全に理に適っている」

「それが私が言ってきたことだ。そしてレッドブルは、長年にわたって多くの若いドライバーに投資してきた。それは今後も続くだろう」

Read Also:

シェア
コメント
ルクレール、FP1での“サプライズ”な3番手はコースに慣れていたから?

前の記事

ルクレール、FP1での“サプライズ”な3番手はコースに慣れていたから?

次の記事

来季アストンマーチンで“再出発”のベッテル「フェラーリと過ごした日々に後悔はない」

来季アストンマーチンで“再出発”のベッテル「フェラーリと過ごした日々に後悔はない」
コメントを読み込む