レッドブル代表、PP獲得のフェルスタッペン絶賛「常軌を逸した走り。今年のベストラップ」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、F1アブダビGPでマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得した”鍵”が、トウではなくフェルスタッペン本人の卓越したドライビングだと語っている。

レッドブル代表、PP獲得のフェルスタッペン絶賛「常軌を逸した走り。今年のベストラップ」
Listen to this article

 F1アブダビGPの予選が行なわれ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得。チームのクリスチャン・ホーナー代表は、その並外れた走りを称賛している。

 ルイス・ハミルトン(メルセデス)とのタイトル争いにおいても、非常に重要となる今回の予選。FP3までの走行では1発のアタックラップではメルセデスに分があるように思われていた。

Read Also:

 しかしポールポジションを決する予選Q3で、フェルスタッペンはスーパーラップを披露。チームメイトのセルジオ・ペレスからトウ(スリップストリームによる牽引)も得て、1分22秒109というタイムをマーク。これはハミルトンを大きく引き離すタイムで、最終的に0.371秒差をつけてのポールポジション獲得となった。

 この驚きの速さについては、ペレスから得たトウが需要な役割を果たしたとも思われたが、レッドブルによると、それほど大きなアドバンテージではなかったという。

「今年のマックスのベストラップのひとつだったと思う」

 ホーナー代表はそう語る。

「トウを使わせてペレスを後退させた次のラップですら、彼は(その前のアタックに)匹敵するタイムを出していた。あのトウは恐らくコンマ1秒、それか0.05秒くらいのものだったと思う」

「あのダウンフォースレベルで、あの最終セクター(の走り)だと思うと、正気の沙汰ではないと思える。常軌を逸した走りだ」

 フェルスタッペン本人も、トウの効果は見た目よりもかなり小さいだろうと同意。それでもペレスとのチームプレイは素晴らしいことだったと語っている。

「本当に良かったし、本当に上手くやれた」と、フェルスタッペン。

「でも得られたアドバンテージがどのくらいかは、よく分からない」

「ターン9に向けて、コンマ1秒くらい稼げたかもしれないけど、そこまで長いストレートでもないからね。でもそれはそうとして、チェコ(ペレスの愛称)は素晴らしいチームメイトだし、一緒にやれて本当に嬉しいよ」

 またホーナー代表はフェルスタッペンとペレス、ふたりドライバーの協力によってタイトル争いに必要不可欠なポールポジションを獲得したことを称賛している。

「マックスは全てを出し切って、全力のドライビングをしていたと思う」

「彼はこのセッションに、全てをかけていた」

「そしてチェコは忠実なチームメイトだったと思う。彼はチームメイトのパフォーマンスのため、自分の最適なタイミングでのラップを犠牲にした。それ以上求めることはできないと思う。そうして、我々はポールポジションを獲得した。今、我々はこのチャンスを明日の結果に変えていかなければならないんだ」

 
Read Also:

シェア
コメント
ボッタス予選で苦しみ6番手。原因は”古い”パワーユニットへの交換? 「0.2秒は差がある」と主張
前の記事

ボッタス予選で苦しみ6番手。原因は”古い”パワーユニットへの交換? 「0.2秒は差がある」と主張

次の記事

ニキータ・マゼピン、新型コロナに感染。F1アブダビGP決勝欠場が決定

ニキータ・マゼピン、新型コロナに感染。F1アブダビGP決勝欠場が決定
コメントを読み込む