リカルドの”かなり悲しい”F1イギリスGP。DRSトラブルと原因不明のグリップ不足による無得点に肩落とす

マクラーレンのダニエル・リカルドは、DRSトラブルによるピットインを強いられたことで入賞争いから外れたが、それ以外にもグリップ不足に悩まされていたと明かした。

リカルドの”かなり悲しい”F1イギリスGP。DRSトラブルと原因不明のグリップ不足による無得点に肩落とす
Listen to this article

 マクラーレンのダニエル・リカルドは、F1イギリスGPでのDRSトラブルにより入賞の機会を失ったが、根本的なレースペースも不足していたと明らかにした。

 リカルドはウエットコンディションの中行なわれた予選セッションで14番手と沈んだが、決勝レースの1周目に発生した多重クラッシュで3台がリタイアしたことで、赤旗再開後は12番手からスタートを切った。

【動画】F1イギリスGPスタート直後に起きた、戦慄のクラッシュ

 序盤は入賞圏内の10番手にまで順位を上げ、20周目に1回目のピットインを行ないハードタイヤに交換。13番手でコースに復帰した。

 しかしその後リカルドのマシンにDRSトラブルが発生。ハードタイヤでロングスティントを走ることを狙ったが、32周目にDRSの修理のため2度目のピットインを強いられた。

 これによりリカルドは周回遅れとなり、終盤のセーフティカー出動でラップダウンではなくなったものの、それ以上順位をあげることはできず13位でチェッカーを受けた。

 イギリスGPを完走したのは14名。リカルドは最下位からひとつ上という結果だった。

 リカルドはイギリスGPの決勝日を「かなり悲しい一日だった」と振り返った。

「レースが再開されると、すぐにグリップに悩まされた」とリカルドは言う。

「シンプルに、他のドライバーと同じレベルのグリップで走れるとは思えなかったし、ドンドンひどくなっていって、どうすることもできなかった」

「それが僕らのレースペースだったみたいだ。正直何か少し調子が悪かった」

「ターン6を周った、もしくはそこでブレーキングした時、マシンが暴れたのを覚えている。パンクしたのかと思ってリヤタイヤに目をやったら、DRSが開いていたんだ」

Daniel Ricciardo, McLaren MCL36

Daniel Ricciardo, McLaren MCL36

Photo by: Drew Gibson / Motorsport Images

「そこでトラブルが出てしまったから、ピットに戻って修理した。けど、また開いたままになってしまうかもしれないという不安から使うことができなかったんだ」

「最後の(セーフティカー出動後の)リスタートでは、マシンでちゃんと攻めることができなかった。ただ僕らは速くなかった。だから何か見つかるといいんだけど」

「オーストリアまでの急展開となるが、そこで何か見つけられればと思う」

 リカルドは今季の獲得ポイントはここまで15点。チームメイトのランド・ノリスはイギリスGPで6位入賞を果たし、リカルドから43ポイント差をつけている。

 リカルドはイギリスGPで感じたグリップ不足は、5月のスペインGPでも発生していたことだとして、タイヤが普通と同じレベルで機能していないようだと口にした。

「マシンをロールさせると、タイヤが滑っていて(地面を)噛んでいないように感じる。グリップしないんだ」

「序盤のアクシデントでかなり多くのデブリを踏んでしまった。でも、明らかにチームはチェックを行なったし、赤旗の間にマシンをチェックする時間は沢山あった」

「見落としがない限りはね。でなければ、深堀りが必要になってくる」

 
Read Also:

シェア
コメント
新任F1レースディレクターの改善に協力を。F1チームは「建設的なフィードバックをするべきだ」とフェラーリ代表
前の記事

新任F1レースディレクターの改善に協力を。F1チームは「建設的なフィードバックをするべきだ」とフェラーリ代表

次の記事

開幕から苦戦していたウイリアムズ、アップデートが第10戦まで遅れた理由を語る

開幕から苦戦していたウイリアムズ、アップデートが第10戦まで遅れた理由を語る