「僕は来年もウイリアムズに残る」メルセデスで輝き放ったラッセルが改めて強調

ジョージ・ラッセルは、2021年シーズンもウイリアムズでドライブすることを強調し、メルセデスに昇格する可能性があると示唆したサクヒールGP後のコメントは“勢いで言ったもの”だと話した。

シェア
コメント
「僕は来年もウイリアムズに残る」メルセデスで輝き放ったラッセルが改めて強調

 新型コロナウイルス陽性となったルイス・ハミルトンに代わってメルセデスからF1サクヒールGPに出走したジョージ・ラッセルは、予選ではチームメイトのバルテリ・ボッタスに肉薄する2番手タイムを記録し、決勝では不運なタイヤ交換ミスに見舞われるまでトップを快走するなど活躍。同レースのドライバー・オブ・ザ・デイにも輝いた。

 文字通りサクヒールGPの主役となったラッセルはレース後、「2022年に向けてではなく、もっと早い段階でトト(ウルフ/メルセデスチーム代表)に悩みの種を作らせることができていればいいなと思う」とコメントした。

Read Also:

 メルセデスは来たる2021年シーズンに向けてボッタスとの契約を既に延長しており、ハミルトンとの契約更新も既定路線だと見られている。ラッセルの発言は、メルセデスが2021年にラッセルを起用する可能性があることを示唆しているとも取れるが、ラッセルはアブダビGP前の記者会見でこれについて釈明した。

「ああ、あれは感情が高ぶっていた中で勢いで言っただけだ」

 そうラッセルは語った。

「明らかに感情が高ぶっていたからね。でももちろん、僕には契約があるし僕は2021年までウイリアムズのドライバーだ」

 ハミルトンが新型コロナウイルス陰性と診断されたことで、アブダビGPではウイリアムズに戻ってレースを戦うラッセルだが、ウイリアムズとラッセルは共に、メルセデスでの1レース限りのドライブにはメリットがあったと強調している。トップチームで優勝や表彰台を懸けて戦うというプレッシャーを体験できる上に、その経験をウイリアムズにフィードバックできるからだ。

「(ウイリアムズに報告することは)たくさんあるよ」とラッセル。

「もちろん、他にバレてしまうからあまりメディアには言いたくないけどね」

「でもメルセデスで働いている人たちは細部に至るまで本当にハイレベルな仕事をしている。彼らは手を抜かないし、それが成果をもたらしている。彼らが最高のチームであり、支配的な理由はそこにある」

「だから、僕はウイリアムズに持ち帰れることはたくさんあるんだ。より良いドライバーになることもそうだし、自信など多くのことがチームを前進させる上で役立つだろう」

 ラッセルはサクヒールGP終盤までトップを快走しながらも、無線トラブルによってピットインの際にボッタス用のタイヤを履かされてしまい、再度ピットインが必要に。その後もパンクに見舞われるなど不運が続き、本人もショックを隠しきれないといった様子だった。ラッセル曰く、彼の家族も同じくらいのショックを受けていたという。

「あの後、ありがたいことに僕の母も涙を浮かべていた。それは姉も同じだった」

「僕はこのスポーツと共に生きてきたし、あの時は感情的になっていた。勝つことはもちろん、入賞を狙えるという経験すら初めてだった」

「それは大きな違いだ。そのチャンスを1度だけでなく2度も奪われてしまったことは辛かった」

「でもあの週末を振り返るための時間をとれたので、先週末に達成した仕事に誇りを持って、気を引き締めてここに戻ってくることができた」

 

Read Also:

ボッタス、“SNSシャットアウト”で気持ちをリセット。最終戦勝利で来季に繋げられるか?

前の記事

ボッタス、“SNSシャットアウト”で気持ちをリセット。最終戦勝利で来季に繋げられるか?

次の記事

F1アブダビFP1速報:フェルスタッペン首位発進。公式セッションデビューのシューマッハー18番手

F1アブダビFP1速報:フェルスタッペン首位発進。公式セッションデビューのシューマッハー18番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ジョージ ラッセル
執筆者 Alex Kalinauckas