F1 モナコGP

新フロア大公開! メルセデス代表、宙吊りになったマシンに苦笑い「サーカスみたいだ」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、モナコGPのFP3でルイス・ハミルトンのマシンがクレーンに釣り上げられたことについて、ジョークを飛ばした。

Mercedes W14 after a crash

 F1モナコGPのフリー走行3回目、ルイス・ハミルトンがクラッシュ。このマシン回収のためにメルセデスのマシンW14が高く吊り上げられる場面があった。

 モナコはそのコース特性上、マシンを退避させるエリアが限られていることもあって、随所にクレーンが配置され、マシン回収が行なわれている。

 ハミルトンのマシンもかなり高く吊り上げられたが、これによりアンダーフロアの様子がバッチリ確認できる状態となってしまった。

 2022年のレギュレーション変更でグラウンドエフェクトを活用したマシンとなった今のF1。パフォーマンスの60%はフロアに依存するとエンジニアは考えており、それだけアンダーフロアのデザインは特に厳重な秘密となっている。

 各チームは、通常のサーキットでもフロアを隠すための特別なカバーを使用し、その秘密を守ろうとしてきたのだ。

 モナコで新パッケージを導入したメルセデス。サイドポンツーンやフロントサスペンションのアップデートが注目されているが、このクラッシュでフロアのアップデートの全貌も明らかとなってしまった。

 メルセデスのトト・ウルフ代表は、モナコのマーシャルをリスペクトしながらも有名なサーカス団『シルク・ドゥ・ソレイユ』がいたに違いないとジョークを飛ばした。

「クレーンのパフォーマンスをした人は、おそらくシルク・ドゥ・ソレイユのために働いていたんだろうね」

「正直に言って、私はちょっと飲み込めない。マシンはコースの上にあった。トラックに乗せることもできたはずだ。世界中の人にクルマを見せることになってしまったわけだからね。控えめにいっても、あれは我々にとって最適ではなかった」

 しかしウルフは改めて、このコメントが冗談であることを強調。「みんなベストを尽くしている」とモナコのマーシャルを賞賛している。

 また、その後の予選ではレッドブルのセルジオ・ペレスがQ1でクラッシュ。こちらもマシンが吊り上げられた。

吊り上げられたペレスのマシン

吊り上げられたペレスのマシン

Photo by: Mark Sutton / Motorsport Images

 ウルフは、吊り上げられたレッドブルRB19がメルセデスW14よりも水平に近い状態だったことに注目した。

「彼らはみんなシルク・ドゥ・ソレイユの人たちだ。彼らのクルマ(レッドブル)はまっすぐに吊るされている。我々のクルマはリヤ下がりだったんだ!」

 その予選では、メルセデスは2台共にQ3に進出。ハミルトンが6番手、ジョージ・ラッセルが8番手となった。

 ウルフは、アップデートも含めたパフォーマンスについて驚きはなかったとしながらも、チームとして結果は良くなかったと認めた。

「6番手と8番手は良くないね」

「ポールポジション(マックス・フェルスタッペン/レッドブル)からコンマ3秒差で、両ドライバーのQ3があまり良くなかったのは確かだ。だが実際のところはOKだ」

「ルイスとジョージに関しては、最後のラップをまとめることができれば、トップ6あるいはトップ4に食い込めたかもしれない」

 
関連ニュース:

前の記事 「自分のしでかしたことが信じられない」ペレス、痛すぎるクラッシュで決勝最後尾スタート|F1モナコGP
次の記事 F1分析|現代F1マシンはモナコにとってデカすぎる? マシンの大きさがオーバーテイク回数に与える影響とは

最新ニュース

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

F1 F1
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

F1 F1
ハンガリーGP
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

SF スーパーフォーミュラ
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1 F1
ハンガリーGP
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本