もてぎは庭? マルケス、雨のFP2で最速タイム記録。ランク上位勢はひっそり|MotoGP日本FP2

MotoGP第16戦日本GPの最高峰MotoGPクラスのフリー走行2回目が行なわれた。ウエットコンディションでの走行で最速タイムを記録したのはマルク・マルケスだった。

もてぎは庭? マルケス、雨のFP2で最速タイム記録。ランク上位勢はひっそり|MotoGP日本FP2
Listen to this article

 MotoGP第16戦日本GPの2日目が始まり、午前中にMotoGPクラスのフリー走行2回目が行なわれた。雨が降りしきる中行なわれたFP2で最速となったのは、レプソル・ホンダのマルク・マルケスだった。

 直前のMoto2クラスFP2開始時には小雨となっていたものの、後に雨は強まり、MotoGPクラスの走行は雨が降りしきる中で開始された。

 予選組分けを決する総合タイムの改善は見込めないものの、予選も雨予報であるため、各ライダーはウエットコンディションでのセットアップを進めるために果敢に走行。水しぶきを巻き上げながら走るマシンのエンジン音が、もてぎに響き渡った。

 アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)やヨハン・ザルコ(プラマック)など、ターン3では減速しきれずにグラベルへ突っ込んでしまうライダーも出ていた。3年ぶり、そして雨のもてぎは一筋縄では行かないようだった。

 コース上では断続的なタイム更新が続いていき、開始から15分が過ぎた頃にはミゲル・オリベイラ(KTM)が1分56秒313で暫定トップタイムだった。

 そして20分が過ぎたタイミングで、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が1分55秒232をマーク。大きくトップタイムを更新していった。

 残り12分、ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ)がターン8で転倒。ライダーは無事だったものの、コースに残されたマシン回収のために赤旗が出され、セッション中断となった。

 セッションが再開され、実質的な残り時間は10分といったところだ。

 なお通常なら予選組分けでQ2へ直接進出となる総合トップ10入りを狙ってアタックが繰り広げられる時間帯だが、FP2終盤となってもランキング上位のライダーの影は薄く、タイムシートの並びは新鮮さを感じさせた。決勝が晴れ予報のところ、リスクを負うことを避けているのかもしれない。

 最終的に雨のFP2でトップタイムを記録したのはマルケス。もてぎで3度チャンピオン獲得を決めた男が、2日目を最速で立ち上がった。2番手はマルティン、3番手はジャック・ミラー(ドゥカティ)だ。

 タイトル争いの主役であるファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)は10番手タイム。11番手にランキング3番手のエスパルガロ、ランキング2番手のフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)は15番手と、3人はパッとしないポジションとなった。

 負傷を抱えながらも初日に渾身の走りを見せてファンを沸かせた中上貴晶(LCRホンダ)。2日目FP2は17番手タイムとなったが、午後の予選は注目が集まるだろう。

 またワイルドカード参戦の長島哲太(Team HRC)は22番手タイム。彼はチェッカー後にコース上でトラブルが発生したのかマシンがスローダウンし、停車させなければならない事態にも見舞われた。また、ジョアン・ミルの代役参戦の津田拓也(スズキ)は25番手タイムとなった。

 予選組分けを決めるFP1とFP2の総合タイムトップ10は、FP2がウエットで行なわれたため、当然ドライのFP1のタイム順になる。

 
Read Also:
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain マルク マルケス 16 1'55.232     149.989
2 Spain ホルヘ マルティン 19 1'55.376 0.144 0.144 149.802
3 Australia ジャック ミラー 15 1'55.387 0.155 0.011 149.788
4 Portugal ミゲル オリベイラ 18 1'55.428 0.196 0.041 149.734
5 France ヨハン ザルコ 18 1'55.630 0.398 0.202 149.473
6 Italy フランコ モルビデリ 16 1'56.168 0.936 0.538 148.781
7 Italy エネア バスティアニーニ 16 1'56.197 0.965 0.029 148.743
8 Spain アレックス マルケス 18 1'56.349 1.117 0.152 148.549
9 Italy ルカ マリーニ 16 1'56.548 1.316 0.199 148.295
10 France ファビオ クアルタラロ 19 1'56.561 1.329 0.013 148.279

シェア
コメント

日本GP初日3番手の王者クアルタラロ、ライバルの速さにモチベーション喪失寸前?「全力を尽くしても届かない」

クラッチロー、日本GP初日17番手に憤慨。来季に向けた開発には「ヤマハはこれまでにないほど力を注いでいる」

最新ニュース

F1では”言論の自由”が守られる。ドメニカリCEO「適切な形で発言する機会を全員に与えたい」FIAとは距離を置く

F1では”言論の自由”が守られる。ドメニカリCEO「適切な形で発言する機会を全員に与えたい」FIAとは距離を置く

F1 F1

F1では”言論の自由”が守られる。ドメニカリCEO「適切な形で発言する機会を全員に与えたい」FIAとは距離を置く F1では”言論の自由”が守られる。ドメニカリCEO「適切な形で発言する機会を全員に与えたい」FIAとは距離を置く

22回目のインディ500出走へ。48歳トニー・カナーンが考える“引き際”「優勝できたら引退……いや、また走りたいと思うかもね」

22回目のインディ500出走へ。48歳トニー・カナーンが考える“引き際”「優勝できたら引退……いや、また走りたいと思うかもね」

Indy IndyCar

22回目のインディ500出走へ。48歳トニー・カナーンが考える“引き際”「優勝できたら引退……いや、また走りたいと思うかもね」 22回目のインディ500出走へ。48歳トニー・カナーンが考える“引き際”「優勝できたら引退……いや、また走りたいと思うかもね」

アルボン、メルセデスの元戦略担当ボウルズのウイリアムズ代表就任を歓迎「彼がいた場所に、僕らを連れていってくれる」

アルボン、メルセデスの元戦略担当ボウルズのウイリアムズ代表就任を歓迎「彼がいた場所に、僕らを連れていってくれる」

F1 F1

アルボン、メルセデスの元戦略担当ボウルズのウイリアムズ代表就任を歓迎「彼がいた場所に、僕らを連れていってくれる」 アルボン、メルセデスの元戦略担当ボウルズのウイリアムズ代表就任を歓迎「彼がいた場所に、僕らを連れていってくれる」

フォードの”旧相棒”コスワース、F1復帰は眼中にナシ。定期的に”相談”はあるけれど……「説得力のある提案はない」

フォードの”旧相棒”コスワース、F1復帰は眼中にナシ。定期的に”相談”はあるけれど……「説得力のある提案はない」

F1 F1

フォードの”旧相棒”コスワース、F1復帰は眼中にナシ。定期的に”相談”はあるけれど……「説得力のある提案はない」 フォードの”旧相棒”コスワース、F1復帰は眼中にナシ。定期的に”相談”はあるけれど……「説得力のある提案はない」