ホンダ・レーシング/HRC、スーパー耐久ST-Qクラスに参戦するCIVIC TYPE Rをテスト走行。カーボンニュートラル燃料を使用

HRCが、スーパー耐久のST-Qクラスに富士24時間レースから参戦する、CIVIC TYPE R CNF-Rをシェイクダウン。カーボンニュートラル燃料を使うという。

CIVIC TYPE R CNF-R

 ホンダ・レーシング(HRC)は、2023年のスーパー耐久第2戦富士24時間レースからST-Qクラスに参戦予定のCIVIC TYPE R CNF-Rのテスト走行したことを発表した。

 スーパー耐久のST-Qクラスには、各メーカーが様々な開発車両を投入。水素やカーボンニュートラル燃料をエネルギー源とした車両が走っている。ホンダもこのST-Qクラスへの参戦を、今季第2戦富士24時間レースからスタート。カーボンニュートラル燃料を使うCIVIC TYPE Rを投入するという。

 このCIVIC TYPE Rは、”CIVIC TYPE R CNF-R”と名付けられ、4月17日にモビリティリゾートもてぎでテスト走行し、実戦デビューへの準備を整えたようだ。

 HRCは、”カーボンニュートラルの実現”をモータースポーツにおいて取り組むべき命題のひとつだと位置付けており、その一環として今回のST-Qクラスへの挑戦を捉えているという。そしてその参戦を通じて、カーボンニュートラル燃料に適合する市販車ベースのレース用エンジンの開発を行なっていくとしている。

 ホンダは2021年に、社内で開発したカーボンニュートラル燃料をF1の高性能成分として実戦投入しているが、ホンダの広報部によれば、CIVIC TYPE R CNF-Rで使う燃料は市販のカーボンニュートラル燃料だという。

関連ニュース:

 CIVIC TYPE R CNF-Rの発表に際し、HRCの渡辺康治社長は、次のようにコメントを寄せている。

「このたび、このような新生HRCならではの活動について発表できることをうれしく思います。HRCはスーパー耐久シリーズへの参戦を通じて、多くのお客様にレースを楽しんでいただくためのレースベース車両やレース用パーツの開発を行なうと共に、日本のレースシーンを盛り上げていきます。また、HRCが目指すモータースポーツ活動を通じたカーボンニュートラルの実現や、将来のHRCブランドの商品化に繋げていきたいと考えています」

 なおこのCIVIC TYPE R CNF-Rは、カーナンバー271をつけ、武藤英紀、伊沢拓也、大津弘樹の3名に、もう1名を加えた4名のドライバーラインアップでスーパー耐久を戦うことになる。チーム名はTeam HRCだ。

 
関連ニュース:

前の記事 スーパー耐久、2024年からブリヂストンをオフィシャルタイヤサプライヤーに選定「限りある資源を大切に使う」
次の記事 今度はスーパーフォーミュラ王者を招聘! ホンダ従業員自己啓発チームHRDC、富士24時間レースで野尻智紀を起用。自身もTYPE R”FL5”型オーナー

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本