トヨタWECチーム、S耐もてぎで水素エンジン車両ら試乗「躍動感があり違和感なく楽しめる」

スーパー耐久もてぎ戦では、WEC富士6時間を戦うトヨタのWECドライバーが集結。水素エンジン車両の試乗や、ルーキーレーシングとの対決を行ない、さらには富士でのレースに向けた意気込みも語った。

トヨタWECチーム、S耐もてぎで水素エンジン車両ら試乗「躍動感があり違和感なく楽しめる」
Listen to this article

 WEC富士6時間の前の週末、モビリティリゾートもてぎで行なわれていたスーパー耐久の現場に、突如TOYOTA GAZOO Racing(TGR)のWECドライバー6名と同Europe(TGR-E)副会長の中嶋一貴が現れた。

 9月3日(土)朝には、もてぎ第2交通教育センターで水素エンジン車両らの試乗が行なわれた。いずれのドライバーもS耐水素カローラ、水素ヤリス、MIRAIなどを乗り比べ、「水素、燃料電池、EVといろいろな選択肢ができるのは良いこと。水素エンジン車は内燃機関を搭載していることで、エンジンのサウンドや振動が現在のレースと変わりがないので、レーシングドライバーとしてはこちらの方が躍動感があり違和感なく楽しめる」と語り、特に水素エンジン車両の開発に期待をかけていた。

 その後はWECドライバーのインタビューも行なわれ、今年のル・マン24時間で優勝を飾った8号車のセバスチャン・ブエミは、「来週の富士は、残り2戦でシリーズタイトルもかかっているので、とにかく全力を尽くして勝ちに行く」と優勝宣言。ブレンドン・ハートレーも「必ず勝ちに行きます。富士は我々のホームですし」と力を込めた。また平川亮も「3年ぶりの母国レースなので優勝を全力で狙います」と語った。

 またこれに先立つ2日(金)の夕方には、TGRのWECドライバーとルーキーレーシングによる対決企画が実施された。まずS耐水素カローラでのタイム計測が行なわれ、マイク・コンウェイとブエミがモリゾウ(トヨタ自動車の豊田章男社長)のタイムに挑戦。そしてGRMN Yarisを3台使用し、トヨタ7号車、トヨタ8号車、そしてルーキーレーシングの3チームに分かれての混走タイムアタックも行なわれた。

 これらの対決の模様は「トヨタイムズ」で生配信されており、現在もYouTubeでアーカイブ視聴することができる。

 
 
Read Also:

シェア
コメント
残り2時間を切ってトップ車両がコースオフ。Grid Motorsportが今季2勝目でポイントリーダーに|S耐第5戦もてぎ
前の記事

残り2時間を切ってトップ車両がコースオフ。Grid Motorsportが今季2勝目でポイントリーダーに|S耐第5戦もてぎ

次の記事

日産/NISMO、新型『Z』GT4モデルを発表。S耐Qクラスで開発……2023年前半にデリバリー開始へ

日産/NISMO、新型『Z』GT4モデルを発表。S耐Qクラスで開発……2023年前半にデリバリー開始へ