今季2度目の代役参戦もプレッシャー感じる? 山下健太「責任重大」

2020年のスーパーGT第7戦もてぎ。ニック・キャシディに代わって#37 KeePer TOM’S GR Supraをドライブすることになった山下健太だが、楽しみよりも不安要素の方が大きいようだ。

今季2度目の代役参戦もプレッシャー感じる? 山下健太「責任重大」

 ツインリンクもてぎで行なわれている2020スーパーGT第7戦。終盤2戦の欠場が発表されたニック・キャシディに代わって#37 KeePer TOM’S GR Supraから参戦することになった山下健太は、チーム、そして相方となる平川亮がチャンピオン争いの渦中にいる中での抜擢について「足を引っ張ることはできない」と気を引き締めた。

 キャシディは来季から、フォーミュラEに参戦することを決めた。それに向けてテストなどに参加しなければならないキャシディは、急きょスーパーGTの終盤2戦を欠場することとなり、その代役として山下が起用されることになった。

 しかし37号車は、現在ランキング2位につけておりチャンピオン争いを戦っている真っ最中。この状況で急きょチームに加入することになり、山下は責任を感じている様子だった。

「責任重大だなと思っています。スーパーGTに乗れるのは嬉しいですけど、それよりチャンピオン争いをしているクルマなので、ちゃんと自分が仕事をしないといけないなと思う気持ちの方が大きいですね」

 2020シーズンは、WECのLMP2クラスとスーパーフォーミュラにレギュラー参戦している山下。スーパーGTには参戦しない予定だった。しかし7月に行なわれたスーパーGT開幕戦では、入国制限の影響で参戦が叶わなかったヘイキ・コバライネンの代役として#39 DENSO KOBELCO SARD GR Supraをドライブした。そういう意味では今季デビューのGR Supraでのレースは経験済みではあるものの、そこから数ヵ月のブランクが空いていることもあり、少なからず不安はあると山下は語った。

「4ヵ月くらいGTには乗っていないです。最近のGTは(車両の)動きが難しいところもあるし、GT300との混走も久しぶりなので、若干不安はありますね」

「(開幕戦と比べると)難易度としては今回はかなり高いのではないかなと自分では思っています。みんなは5戦、6戦とGR Supraで戦ってきている中で、自分はまだ1戦だけです。あと、みんなは毎週のようにレースをしているので、そこの差は大きいかもしれません」

「できればチャンピオン争いに貢献したいですけど、そんなに甘いものではないので、しっかり公式練習で合わせ込んでいかないといけないなと思っています」

Read Also:

シェア
コメント
ラスト2戦でのドライバー交代に複雑な心境の平川「最後までニックと一緒に戦いたかった」

前の記事

ラスト2戦でのドライバー交代に複雑な心境の平川「最後までニックと一緒に戦いたかった」

次の記事

2020スーパーGT第7戦もてぎ|公式練習タイム結果

2020スーパーGT第7戦もてぎ|公式練習タイム結果
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第7戦 もてぎ
執筆者 吉田知弘