高木真一&新田守男、名コンビが12年ぶり復活! K-tunesがGT300ラインアップを発表

K-tunes Racingが2022年のスーパーGT参戦体制を発表。新田守男&高木真一という往年の名コンビが復活することが明らかとなった。

Shinichi Takagi, Morio Nitta

 スーパーGTのGT300クラスに参戦するK-tunes Racingは、1月24日に2022年シーズンの参戦体制を発表。新田守男が残留し、新たに高木真一が加入する事が明らかにされた。

 新田と高木が初めてコンビを組んだのは、全日本GT選手権時代の1999年第2戦のこと。この年、ふたりは25号車モモコルセ・アペックスMR2を駆りGT300のチームタイトルを獲得した(ドライバーズチャンピオンは新田)。

 その後ふたりは長年に渡ってコンビを継続。2002年は31号車ARTAアペックスMR-Sで再び王座に輝き、その後もASL・ガライヤなどを駆り、GT300のトップランナーとして活躍した。2011年に新田がARTAからaprに移籍した後はそれぞれ別の道を歩んでいたが、この度12年ぶりに名コンビ復活となる。

 高木は長きに渡ってARTAに所属し、近年は若手ドライバーの指導役としてもチームに貢献していたが、関係者の話によると高木は自身のレースキャリアが佳境に差し掛かる中で、盟友であり「自分を育ててくれた」新田ともう一度コンビを組みたいという思いがあり、今回の移籍を決断したようだ。

 なおK-tunes Racingは2022年もレクサスRC F GT3を継続使用。タイヤも引き続きダンロップから供給を受ける。

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 2022シーズン開始もう間もなく! motorsport.com日本版、新春読者プレゼント
次の記事 【スーパーGT】GAINERが2022年の体制発表。11号車は安田&石川組、10号車は富田が復帰し大草とタッグ

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本