アウディ、F1シミュレータ担当ドライバーにル・マン覇者ニール・ジャニを起用。2026年の参戦に向けて準備着々

アウディは2026年のF1参戦に向けて、シミュレータドライバーにニール・ジャニを起用すると発表した。

Neel Jani, Audi simulator driver

 2026年からF1にパワーユニット(PU)メーカーとして参戦するアウディは、開発をサポートするシミュレータドライバーとして、ル・マン24時間レースの勝者であり、かつてトロロッソ(現アルファタウリ)でF1リザーブドライバーを務めたニール・ジャニを起用した。

 2026年からF1に登場する次世代PUは、1.6リッターV6ターボエンジンにハイブリッドシステムを組み合わせるという現行コンセプトを引き継ぎつつも、高価で複雑なMGU-Hを廃止。100%持続可能燃料が使用されることになっている。

関連ニュース:

 そんなF1の転換期めがけてアウディはザウバーと提携してF1への新規参戦を決定。彼らはは昨年末から単気筒のミュールエンジンでテストを開始しており、2024年にはPUとしてベンチテストを行なえるようになる見込みとなっている。

 そして今回、ザウバーやレッドブルでもF1テスト経験のあるジャニが、ドイツ・ノイブルクでのシミュレータプログラムをサポートすることとなった。

「アウディのF1参戦に関われることを嬉しく思っている」とジャニは言う。

「このような大規模プロジェクトに早い段階から関われることを、光栄であると同時に大きな責任を感じている」

「F1とLMP1プロジェクトでの経験を活かし、理論と実践を上手く結びつけることができると確信している」

Neel Jani, Porsche GT Team

Neel Jani, Porsche GT Team

Photo by: Porsche Motorsport

 ジャニはこれまでもフォルクスワーゲン・グループ傘下のモータースポーツ活動に深く関わってきた。2016年にはポルシェのLMP1でル・マン24時間レースを制し、世界耐久選手権(WEC)タイトルも獲得。また、ポルシェのフォーミュラE参戦初年度にはアンドレ・ロッテラーとコンビを組んで戦った。

 アウディの技術開発責任者であるオリバー・ホフマンは、ジャニのプロジェクト加入に関して次のように語っている。

「市販車開発と同様に、シミュレータも我々のF1プロジェクトで大きな役割を果たしている」

「我々のシミュレータは、PU開発における重要なツールだ。そのためには、技術的な知識を持ち、特にレースでのエネルギーマネジメントの面でプロジェクトに様々な経験値をもたらしてくれる開発ドライバーが必要だ」

 アウディは、現在アルファロメオブランドとしてF1に参戦するザウバーの株式の過半数を獲得し、2026年からワークス体制でF1に挑むこととなる。

 ザウバー側もアウディの合流に向けて準備を進めている。かつてポルシェLMP1プロジェクトを率い、マクラーレンではF1チーム代表を務めたアンドレアス・ザイドルがCEOに就任。マクラーレン時代にザイドルと共に仕事をしたジェームス・キーが、テクニカルディレクターとしてザウバーに復帰することとなっている。

 
関連ニュース:

前の記事 F1のタイヤウォーマー、2024年以降も”やっぱり”禁止されない? 多くのチームが反対の意向
次の記事 そのマシンは父から息子へ。ミック・シューマッハー、ミハエルのメルセデスF1『W02』でグッドウッド参加決定

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本