F1バーレーンGP決勝速報:レッドブル・ホンダ僅差で敗れる……角田は日本人初のデビュー戦入賞

F1開幕戦バーレーンGPの決勝レースが行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンが優勝した。角田裕毅は9位入賞を果たした。

F1バーレーンGP決勝速報:レッドブル・ホンダ僅差で敗れる……角田は日本人初のデビュー戦入賞

 2021年のF1開幕戦バーレーンGPの決勝レースが行なわれた。優勝したのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)との最終ラップまで続く攻防を制したルイス・ハミルトン(メルセデス)だった。

 2位はフェルスタッペン。ハミルトンと最後まで優勝争いを展開したが、わずか0.745秒届かなかった。3位はバルテリ・ボッタス(メルセデス)だった。

 4位はランド・ノリス(マクラーレン)。今季からフェルスタッペンのチームメイトとなったセルジオ・ペレスはトラブルによりピットレーンスタートとなったが、追い上げを見せて5位だった。

 今回がF1デビュー戦となった角田裕毅は13番手スタートから随所でオーバーテイクを見せた9位入賞。デビュー戦でのポイント獲得は日本人F1ドライバー史上初めての快挙だ。なお、5番手からスタートしたピエール・ガスリーは序盤の接触により順位を落とし、最終的にリタイアに終わった。

 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 United Kingdom ルイス ハミルトン 56 1:32'03.897       25
2 Netherlands マックス フェルスタッペン 56 1:32'04.642 0.745 0.745   18
3 Finland バルテリ ボッタス 56 1:32'41.280 37.383 36.638   16
4 United Kingdom ランド ノリス 56 1:32'50.363 46.466 9.083   12
5 Mexico セルジオ ペレス 56 1:32'55.944 52.047 5.581   10
6 Monaco シャルル ルクレール 56 1:33'02.987 59.090 7.043   8
7 Australia ダニエル リカルド 56 1:33'09.901 1'06.004 6.914   6
8 Spain カルロス サインツ Jr. 56 1:33'10.997 1'07.100 1.096   4
9 Japan 角田 裕毅 56 1:33'29.589 1'25.692 18.592   2
10 Canada ランス ストロール 56 1:33'30.610 1'26.713 1.021   1

シェア
コメント
2021年開幕戦バーレーンGP 決勝ライブテキスト

前の記事

2021年開幕戦バーレーンGP 決勝ライブテキスト

次の記事

【F1動画】2021年F1第1戦バーレーンGP決勝ハイライト

【F1動画】2021年F1第1戦バーレーンGP決勝ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント バーレーンGP
サブイベント Race