F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
4 days
MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
04 4月
イベントは終了しました

2021年スーパーフォーミュラ・ライツが開幕。富士大会は名取鉄平、佐藤蓮、三宅淳詞が勝利を分け合う

2021年のスーパーフォーミュラ・ライツが富士スピードウェイで開幕した。第1大会の3レースは、3人のドライバーが共に初優勝を挙げた。

2021年スーパーフォーミュラ・ライツが開幕。富士大会は名取鉄平、佐藤蓮、三宅淳詞が勝利を分け合う

 スーパーフォーミュラ(SF)へのステップアップカテゴリーとして、全日本F3の流れを汲む形で2020年に発足したスーパーフォーミュラ・ライツ(SFライツ)。昨年王者の宮田莉朋がSFにステップアップしたため、2021年は新王者の座を目指して多くの若手ドライバーが凌ぎを削っていくこととなる。第1戦〜第3戦の舞台となったのは富士スピードウェイで、スーパーフォーミュラ開幕戦の併催として行なわれた。

Read Also:

 まず4月3日に行なわれた第1戦のポールポジションを獲得したのは名取鉄平(B-MAX RACING TEAM)。2番グリッドには佐藤蓮(TODA RACING)が続いた。レースは名取と佐藤によるマッチレースの様相を呈し、“元ホンダ育成vs現ホンダ育成”の構図に。少し離れてジュリアーノ・アレジと平良響のTOM'S勢が続いた。

 レース終盤は佐藤が名取に猛攻を仕掛けたが、名取は隙を見せないままトップを守りきりトップチェッカー。参戦2年目で初優勝を手にした。2位には佐藤、3位にはアレジが続き、いずれもSFライツ初レースを表彰台で飾った。

 翌4月4日には第2戦と第3戦が行なわれた。第2戦は第1戦同様、ポールスタートの名取を佐藤が追いかける展開に。しかし第1戦とは様相が違い、守る名取が姿勢を乱す場面が多く、佐藤がピタリと後ろにつけた。そして残り5周のTGRコーナー(1コーナー)のブレーキングで名取がブレーキをロックさせた隙を逃さず、佐藤がオーバーテイク。2019年に日本のFIA F4でチャンピオン、そして昨年はフランスF4でランキング2位となった佐藤がSFライツで初優勝を飾った。2位は名取、3位は野中誠太(TOM'S)。アレジは終盤まで3番手を走行していたが最終コーナー立ち上がりで痛恨のスピン。6位に終わった。

佐藤蓮 Ren Sato(TODA RACING)

佐藤蓮 Ren Sato(TODA RACING)

Photo by: Masahide Kamio

 その後スーパーフォーミュラの決勝レースを挟んで行なわれた第3戦は、小雨が降った影響でちょい濡れのダンプコンディションでスタートした。各車がレインタイヤを履いてのスタートとなったが、2番グリッドの佐藤はエンジンストールに見舞われ大きく後退。その佐藤は1周目終了時にピットインし、ドライタイヤに交換して追い上げるというギャンブルに出た。

 路面は徐々に乾いていくも、終盤にかけてまた雨量が増えていくという難しい展開に。そんな中で躍動したのが三宅淳詞(ルーニースポーツ)。三宅は6番グリッドからじわじわと順位を上げ、残り4周のADVANコーナーで名取のクロスラインを突いてトップ浮上。見事トップチェッカーを受け、2018年SRS-F首席卒業の実力を見せつけた。2位は2戦連続で名取となり、3位には平良とチェッカー直前まで競り合ったアレジが0.006秒差で食い込んだ。

三宅淳詞 Atsushi Miyake(ルーニースポーツ)

三宅淳詞 Atsushi Miyake(ルーニースポーツ)

Photo by: Masahide Kamio

 開幕3戦を終えてのポイントランキングは名取が27ポイントでトップ、2番手に19ポイントの佐藤、3番手に13ポイントのアレジとなった。チャンピオン獲得に向けて好スタートを切った名取だが、第2戦と第3戦でルーキーに交わされて勝利を逃したことを悔やんでおり、第3戦後の記者会見では「ルーキーが多いシーズンでこのような結果では、上に行っても通用しないと思うので、満足していません。まだまだ足りないところがあるのでトレーニングしていきたいと思います」と語った。

 

Read Also:

シェア
コメント
ジュリアーノ・アレジ、トムスの手厚いサポートに感激。F1挑戦より日本でのキャリア継続に意欲

前の記事

ジュリアーノ・アレジ、トムスの手厚いサポートに感激。F1挑戦より日本でのキャリア継続に意欲

次の記事

英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記「ジュリアーノ・アレジは父の後を継げるか?」

英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記「ジュリアーノ・アレジは父の後を継げるか?」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ SFライツ
イベント 第1戦/第2戦/第3戦
執筆者 戎井健一郎