ホンダ田辺TD「予選・決勝は楽なものにはならないでしょう」アブダビ新レイアウトへの最適化は順調

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、新レイアウトで行なわれているF1アブダビGP初日を終え、パワーユニットの最適化は順調とコメント。予選・決勝に向けてさらにパフォーマンスを上げて行きたいと語った。

ホンダ田辺TD「予選・決勝は楽なものにはならないでしょう」アブダビ新レイアウトへの最適化は順調

 2021年シーズンのF1最終戦アブダビGPが始まった。初日のフリー走行でホンダ製パワーユニット(PU)搭載勢のうち、タイトルを争っているマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がFP1トップタイム、FP2では4番手タイムをマークした。

 そのチームメイトであるセルジオ・ペレス(レッドブル)もFP1を4番手、FP2を5番手とまずまずの位置。アルファタウリ・ホンダは角田裕毅がFP1とFP2で共にチームメイトのピエール・ガスリーを上回る好調な滑り出しを示している。

 今シーズン、アブダビGPの開催地であるヤス・マリーナ・サーキットは大規模なコース改修を実施。さまざまなコーナーに変更が加えられた結果、全体的に高速化している。

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、こうした新レイアウトへの理解からプログラムをスタートさせ、その後計画を順調に消化したとコメント。ただライバルも強力であることから、2日目以降も簡単な戦いにはならないだろうと語った。

■ホンダ 田辺豊治F1テクニカルディレクター

「シーズン最終戦・アブダビGPの初日は、昨年から改修されたサーキットの変化を理解するところから開始しました。今日の時点で昨年の予選のポールポジションのタイムよりも10秒以上もタイムアップしており、非常に高速化していることがわかります」

「PUとしては、事前のシミュレーションをもとに、高速化したトラックにデータを最適化することにフォーカスし、4台のマシンとともにセッションを順調に消化していきました」

「本日収集したデータをもとに明日の予選、そして明後日のレースに向けて、さらにパフォーマンスを上げる努力を進めます。今日の走りからも、今回もライバルは強力で、楽な予選・レースにはならないと見ています」

「最後の最後まで力を尽くし、タイトルを目指して戦っていきます」

 

Read Also:
シェア
コメント
フェルスタッペン、新レイアウトにポジティブ評価も速さ足りず「計画通りには進まなかった」
前の記事

フェルスタッペン、新レイアウトにポジティブ評価も速さ足りず「計画通りには進まなかった」

次の記事

F1分析|”世紀の一戦”アブダビGP、ペース面で優位なのはハミルトンか? フェルスタッペンか?

F1分析|”世紀の一戦”アブダビGP、ペース面で優位なのはハミルトンか? フェルスタッペンか?
コメントを読み込む