F1 モナコGP

豪雨襲来も関係なし。フェルスタッペン完勝で今季4勝目&レッドブル開幕6連勝……アロンソ初の2位|F1モナコGP決勝速報

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が豪雨に見舞われたモナコGPで完勝。今季4勝目を挙げた。フェルナンド・アロンソ(アストンマーチン)が2位。角田裕毅は入賞圏内を争ったが、最終的には15位に終わった。

Max Verstappen, Red Bull Racing RB19

 F1第7戦モナコGPの決勝レースが行なわれ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝。フェルスタッペンはこれで今季4勝目。レッドブルは開幕6連勝を達成した。

 優勝争いはフェルスタッペンとフェルナンド・アロンソ(アストンマーチン)のふたりの間で繰り広げられた。序盤は接近戦だったが徐々に差が広まり、次第に10秒前後の差となった。

 しかしレース終盤に雨。サーキットが豪雨に包まれた。先にピットインしたのはアロンソだったが、アストンマーチンはここでドライタイヤを履かせるギャンブル。しかし雨脚は強まるばかりで、結局インターミディエイトタイヤに履き替えるためもう1回追加のピットストップを行なわなければならなかった。

 これによりフェルスタッペンとの差は20秒に拡大。勝負あった。

 フェルスタッペンはこれで今季4勝目。レッドブルは今シーズン開幕6連勝を達成した。アロンソは今季初の2位。アルピーヌのエステバン・オコンが3位表彰台を手にした。

 アルファタウリの角田裕毅は、終始9番手を守っていたものの、雨でペースダウンしたことでマクラーレンの2台に先行されてしまう。その後、ミラボーで減速できずにオーバーラン。最終的に15位でのフィニッシュとなった。

 
関連ニュース:

前の記事 【ライブテキスト】伝統の市街地レースが今年も開催! 勝つのは一体誰だ:F1第7戦モナコGP
次の記事 突然の雨も何のその、フェルスタッペン完勝……アロンソとオコンが表彰台。角田裕毅は天候味方せず15位|F1モナコGP決勝

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本